今日のユーロドル分析10月10日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161009

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

金曜日雇用統計がありましたね

1時間足チャートを見るとよくわかりますが
雇用統計前後で動きが変わっております

雇用統計前まで下降圧力優勢でドル買いが強く展開となっておりました

しかし、雇用統計あたりからドル売りが強くなりユーロドル上昇展開へと変化しております

結局、雇用統計の結果が弱いものとなりました
それまでは他の指標結果が良かったですので
年内利上げの可能性たかりまして、ドル買いでした

雇用統計の結果のを受けて年内利上げに対しては後退した結果となっております

チャート上では短期で上昇トレンド継続中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の上値抵抗線は日足平均線あたりを意識しております

その次には1.1240付近に抵抗線の存在があります

その次には1.1285付近の上壁の存在があります

ここまではレンジ相場の範疇として考えております

下方向においては

第一下値抵抗線 日足ー1σ
第二下値抵抗線 1.1150
第三下値抵抗線 1.1105

あたりがポイント値になりやすでしょう

まだレンジ相場継続中ですので

抵抗線にに変化があるまでは
レンジ型のトレードを意識するといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161009

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ






この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する