今日のユーロドル分析11月1日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161101

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

ポイントは長い下ヒゲです
中盤までの下降と
後半は戻しの上昇圧力が発生しております

昨日のレポートで解説しましたように
10月のユーロドルは下降トレンド状態でした
しかし、金曜日は上方向に変化のある展開となりましたので
昨日は変化を継続できるかどうかに着目いたしました

指摘しましたように
昨日は日足ー1σラインを基準線として考えておりましたように
前半から中盤にかけては下降優勢の展開ではありましたが
安値は昨日の日足ー1σライン付近でピタッとストップしました

ですので、ショートポイントは乏しい展開ではありますが

日足ー1σライン付近からの押し目買いは狙えたかもしれません

昨日の展開で日足ー1σラインを守れたことは
今後に影響を残すかも知れません

今日も引き続き日足ー1σラインを基準線として考えております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力がこのされていると見ています

第一上値抵抗値 1.1040
第二上値抵抗線 日足平均線

を直近の上値抵抗線として意識しております


逆に日足ー1σラインを割れることで
下降圧力の再燃を期待しております


今日は月初日でもありますので
昨日と流れが変わることもありますので
流れの変わり目にはいち早く察知しましょう

また日銀会合があります
時間は未定ですがだいたい昼くらいが多いです

サプライズ発表で相場(特にクロス円)が動く可能性は十分ありますので
見逃せないようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161101

(チャートをクリックすると拡大されます)




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する