今日のユーロドル分析11月8日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161108

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

そもそもが昨日は休場明けの大きな下窓を開けてのスタートとなりました

一時は窓埋め方向に動きましたが
概ね下降圧力優勢の展開となりました

ユードル下降とはドル高を意味しますので
ドルが買われている状態です

今の相場を動かく要因は米国大統領選挙でありまして
昨日の報道では
ヒラリー氏に追い風の内容が流れました

ここ数日はトランプリスクからのドル売りが先行しましたので
反対の報道で戻しの展開になっております

いよいよ本日が大統領選挙ですので
この結果次第で相場が大きく動く可能性があるでしょう

今までの流れでは
トランプ氏優勢→ドル売り
クリントン氏優勢→ドル買い

となっておりますので、方向を読み取る参考にしていただければと思います

チャート上では下降圧力が発生しながらも
日足平均線付近で安値がピタッと止まっております

昨日解説しました下値目標に到達しましたので
今日はこのラインを割れるかどうかを最初のポイントとして見ています

ラインを割れてくると更に下降圧力の強まりを期待しておりますので
ショート軸で見ています

逆に割れてこないと
小反発、もしくはライン付近でのレンジを想定しております

何と言っても大統領選挙ですのでこの結果に注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161108

(チャートをクリックすると拡大されます)
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する