今日のユーロドル分析12月02日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161202

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

ちょっと流れが変わってきた感がありますね

2週間前の強い下降トレンド状態とは異なります

その理由は下壁の存在でして
何度も指摘していますように
1.0525付近には長期の下壁の存在がありますので

下方向にアタックを仕掛けているものの
抵抗を受けてモジモジしている状態です

とはいえ、まだ上昇転換もできていない状況です

昨日の場合ですと日足ー1σラインを基準線として考えておりましたので
このラインよりも上の攻防が続きましたので
少なくともショートを取ることはなかったともいます

上方向においては指摘しております
1.0685付近の上壁が効いていますので
まだ変化は発生していない状況です

何度かこの付近で高値が止まっておりますので
今日以降も注視したいラインではあります

また、今日は米国雇用統計発表があります

12月の米国利上げを実施するかどうかの重要な判断材料となります

結果が良ければ利上げ期待が高まりドル買い展開
結果が悪ければ期待外れのドル売り

ではありますが

為替が大きく動くにはサプライズも必要ですので
予測通りでは小幅な動きになる可能性もあります

いずれにしても指標結果を受けてからのエントリーを心掛けるといいでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161202

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する