今日のユーロドル分析12月9日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161209

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

特徴は長い上ヒゲです

決定的な理由はECBにありますが
チャートの形しては分析通りの結果となっております

ECBの発表により当初はユーロ買いに反応しながらも
最終的には売りに転じてきました
それが上ヒゲの形になっております

チャート上では指摘していた1.0800の上値抵抗線が上ヒゲの付け根になっていますので
このラインを越えることで瞬間的に上昇していることがわかります

結局はその後大きく下落をしましたので
これまでの分析通り中長期下降トレンドなので
再下落の展開も想定済みの狙い目となります

特に指摘しておりました
1.0700付近に下値抵抗線を割れることで下降圧力の強まりが読み取れます

今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
今日はどこまで下落するのかを見ていきたいところです

特に1.0565付近を基準線として注目しております

このラインを割れてくると下降圧力の強まりを読み取れまして
次の目標値である1.0525付近を意識しています

逆に1.0565を割れるまでは新規ショートは控えたいところでして

急な下落からの小反発も意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161209

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する