今日のユーロドル分析12月19日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161218

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

先週は強い下降圧力が働いておりましたので
やや一服感のある展開であったといえます

とはいえ、上昇圧力へ転換の読み取れるほどの上昇圧力ではないようです

まだ、引き続きの下降トレンド継続中ですので
基本はショート軸ではありますが
先週木曜日の最安値は直近安値更新しておりますので

現レートからの追い込みショートはタイミングに難しい状況です

そういう意味ではある程度上昇してからの再下落待ちも狙い目の1つとして持っておきたいところです

金曜日の上昇がどこまで伸びるかわかりませんが
再下落待ちも狙い目として定めたいところです

日足ー1σラインを越えるまでは
強い下降圧力は継続中で見ていますので
過度な上昇期待は持たない方がいいでしょう

まず現状では1.0470付近に短期の上壁の存在があります
この壁を越えると日足ー1σ付近までの上昇期待が増すと思います

低いレートなのでロングを狙いたくなる場面ではありますが
まだ底が見えないですので
ロングを取る際は石橋を叩くように慎重に狙う必要があります
また、前述のようにメインは戻り売りですので
深追いも推奨できなませんので
上値抵抗線の存在はしっかりと把握しておきましょう

また、下方向にはまずは1.0400付近に短期の下値抵抗線の存在があります

その下に1.0366付近に直近安値ラインの存在があります

近々ではこのあたりが
更なる下落を読み取れるポイントになりやすいと思いますので注視しております

今週はクリスマス直前週ですので
休み前の調整も含めて動く期待が持てますので
上記の壁のその財を予め把握しておきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161219

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する