今日のユーロドル分析12月21日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20161221

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

昨朝の時点では短期下降トレンド中でしたので
日中は下降の流れを継続したのですが
NY市場開始あたりから流れを変えてきております

極端に強い反発ではありませんが
小反発程度の上昇にとどまっております

それが日足では下ヒゲの形出ている状況です

昨朝のレポートで強調したのが下値抵抗線1.0365ラインの存在です

昨日の展開でもやはりこのラインがポイントとなりました

下方向にアタックを仕掛けていましたが

このラインを瞬間的に割れるものの継続せずに
次の足から小反発に転じている様子が1時間足を見るとわかります

やはりこのラインが下値抵抗線として機能しているようです

今朝の時点では小反発中ではありますが
強い上昇トレンドにまでは至っておりませんので
再度下方向にアタックを仕掛ける可能性もあり得るでしょう

短期では1.0420付近に上壁の存在がありますので
この壁を越えると
次の壁1.0450を意識しここを越えると
その次の壁1.0480を意識しております

小刻みではありますが、下降トレンド中ですので上方向に存在する何層かの上壁をそれぞれ意識したいところです

下方向では昨日同様に1.0365付近の下壁を意識しております
この壁よりも下の範囲ではショート軸推奨ではありますが
瞬間的な下落で小反発に転じるケースもあり得ますので要注意です

このラインを割れるということは長期の安値を割れるということですので
それなりの起爆力が必要になるでしょう

メインの狙い目としてはある程度上昇してからの再下落待ちと考えておりますので
その点も考慮するといいでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20161221

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する