今日のユーロドル分析3月14日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170314

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

一昨日までの上昇を受けて、昨日の前半は上昇圧力が優勢でした

しかし、中盤以降は戻しの圧力が働いております

昨日も解説しましたように現状は中期レンジ幅の上限付近に位置しております

昨日は一時的に越えたものの、維持できずに戻しております

やはりこの付近の上壁は厚いと判断できます

1時間チャート上では前半までの上昇と中盤以降の戻しにより
山を形成しております

山の頂点は今後の上値抵抗線として意識したいところです

レート表示では1.0715あたりですので、今後の注目ポイントとして考えております

再上昇した際はこのラインを最初の上壁として意識しておりますが
昨日のように一時的な上昇で再下落の可能性も十分あり得ますので
注意しましょう


また、今朝の時点では戻しの下降トレンド中ですので
まずはどこまで下降するのかを見ていきたいところです

最初の下壁として日足+1σライン(1.0650付近)を意識しております

このラインを割れてくると次の目標値を1.0600付近で見ております

その次は1.0550と50PIP刻みで見ています

明日のFOMCを前にどこまで動くかわかりませんが
上記ラインの攻防で変化を読み取るといいでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170314

(チャートをクリックすると拡大されます)




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する