今日のユーロドル分析4月25日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日のポイントはスタートですね
週末に行われたフランス大統領選挙第一回目の結果を受けて
予測通りであったことから安心感の買い戻しが発生し
ユーロドルは大きな上窓を開けてのスタートとなりました

約200PIPS位の窓ですので大きな窓と言えますが
レートも非常に重要なポイントでした

1.0905付近まで上昇したのですが、
このラインは私のチャート上にもラインを入れておいたほど注目のレートでして

直近高値の上値抵抗線として意識したいた場所です

昨日は大きな上窓にも拘わらず
上値抵抗はしっかりと受けている様子がわかります

結果的にスタートが最高値となり
その後は戻しの下落
そして中盤以降はレンジとなっております

窓を埋めるほどの戻しは発生しておりませんので
まだ上昇圧力も残されていると判断できます

結果的に昨日は中盤以降レンジでしたので
強いトレンドは発生しておらず、方向を悩んでいる状況です

今日の注目点は

上値抵抗線 1.0905ラインでして
このラインを越えてくると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
一時的な上昇で終わることもありますので
損切り設定を入れることは忘れないようにしたいところです


逆に下方向ですが
下値抵抗線 1.0830ラインに注目しております
このラインも元々注目していたラインではありますが
昨日のレンジ下限ラインにもなっております

このラインを割れてくると下降圧力の発生を期待しております

下降圧力が発生した際の最初の目標値は日足+1σライン付近で見ています
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待できる大事なラインとして意識しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する