今日のユーロドル分析8月30日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170830

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

同値線と言っても
特徴は長い上ヒゲでして
昨日の中盤までの上昇力は力強いものがありました

昨日の最高値は今年の最高値を更新するほどです

先週末のジャクソンホールから利上げ後退からのドル売り
昨日は北朝鮮リスクからのドル売り円買い
さらには月末調整

の要因が重なり、先週末より動きが強くなってきております

これまでのレポートで指摘しておりました
1.1910を越えることで上昇への変化にいち早く察知することができたことと思います

また、昨日の後半は戻しの下降圧力が発生しておりまして
昨日は中盤から後半に掛けて山を形成しております
山の頂点である1.2070付近は今後の重要上値抵抗線として意識していきたいと思います


今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
どこまで下降するのかを見て行きたいと思います

まずは1.1910ラインの攻防を意識しております

このラインを割れてくると先週までのレンジ範囲内に戻りますので
流れも戻りやすいともいます

逆に1.1910ラインよりも上の範囲では再上昇も狙い目として持っておきたいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170830

(チャートをクリックすると拡大されます)




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する