今日のユーロドル分析9月26日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170926


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週末の上昇に対して上昇分戻した形となっております
最近の流れをとしてはレートだけを見ればレンジの範囲内で収まっているのですが

気になるポイントとして日足ー1σに対してアタックを仕掛けているところです
これまでも何度か下方向にアタックを仕掛けている場面はあったのですが
日足ー1σを割れているのは今年の6月以降はありません

6月も瞬間的に2,3日だけ割れたのみですので
それ以降は日足ー1σよりも上で展開しております

それほどまでに上昇圧力の方が優勢であることを示しております

昨日はまだ割れたと判断できるほどハッキリした形ではありませんが
日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けていることは確かです

エントリーの判断基準として
日足ー1σラインよりも下の範囲ではショート軸
ラインよりも上ではロング軸の待ち方で良いと思います

これまでの流れに沿って言えばまずは反発上昇待ちが優位ですので
このあたりも含めて待ってみたいところです

下方向に反応した際は
次の目標値を1.1780付近で見ておりして
このラインを割れてくると短期で下降トレンドが発生しやす状態を読み取れております

また、上方向に反応した際はこれまで通りのレンジ幅での展開を想定しております

現在の日足ー1σラインの攻防で方向を見極めるポイントになると思いますので
注目しましょう


以上、参考にしていただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170700926


(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する