今日のユーロドル分析11月6日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701104

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日は注意通りに雇用統計で動いています
雇用統計の結果は
予想31万人に対して26.1万人と下回ったため
初動はドル売りに反応しました
しかし、失業率が2000年12月以来の低い水準となり、雇用が20万人以上であれば
ハリケーンの影響を考えるとそう悪くありませんので12月の利上げ観測は強く
ドルの買戻しとなりまして
最終的にはドル買い優勢の相場展開となっております

最近の米国の話題は12月の利上げに対して優勢か後退かでドル買いドル売りに反応しております
先日の次期FRB議長指名にしてもそうですが、利上げに対してはプラスかマイナスかが
判断材料になっております
いよいよ来月の実施に注目が集まりますので今月も注視したい話題でもあります

チャート上では直近安値付近で揉んでおります
引き続き、下値抵抗線 1.5750付近には注視したいところです

また、上方向では1.1690付近で何度が高値が止まっておりますので
近々の上値抵抗線として意識しております

更には昨日からトランプ大統領来日しております
首脳会談の内容も気になりますが
北朝鮮の動向も気になります
挑発行為があると相場に影響を与える可能性が高まりますのでこのあたりも注意したいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701106


(チャートをクリックすると拡大されます)




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する