今日のユーロドル分析1月8日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20180107


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日は雇用統計でありましたが
雇用統計後の値動きは限定的なものとなりました

その前にやや下降展開がありましたが
それまでの上昇に対しての戻しと見れる程度でした

金曜日のレポートで解説しましたように
ユーロドルは1.2090付近に上値抵抗線の存在がありますので
このライン付近からの戻しと見ることができます

ただ、まだ本格的な下降圧力発生には至っておりませんので
方針は再上昇待ちとなります

日足+1σラインを割れるまでは上昇圧力優勢で見ていますので
目安にされると良いと思います

短期では 1.2000付近に下壁の存在もありますので
このあたりも流れをみる目安にしたいところです
割れることで日足+1σラインに対してアタックを仕掛ける助走の判断ができると思います

昨今はユーロ買いに勢いが付いていますので
この勢いがどこまで継続するか見極めていきましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017080106

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する