FC2ブログ

今日のユーロドル分析1月30日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180130

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

今週に入ってからは陽線、陰線の流れになっておりまして
方向の定まらない展開となっております

昨日は陰線ではありますが
1時間足を見ますと、積極的にショートをとれるほどしっかりとした陰線には至っておりません

これまでの解説通りでして
日足で上昇トレンド中でありながらも
上値抵抗線付近でもみ合っている状況です

ただ、先週金曜日の長い上ヒゲが効いている兆候もありますので
もしかすると、この先は下降圧力が発生する可能性もありますが
その際は何層もある下値抵抗線のブレイクを確認していきたいところです

今週はFOMC、雇用統計がありますので
イベント待ちであまり動かないという点もあると思います

このような場合は一発のニュース(指標)で大きく動く場合がありますので
方向が出てからしっかりと乗りたいと思います

その際には抵抗線に対して変化が発生するはずですので
目安として把握しておきましょう

上方向に反応した際は
上値抵抗線 1.2540
に注目しております

このラインは直近高値の重要ラインですので
越えることがあれば強い上昇圧力を読み取れるポイントとして意識しております


また、逆に下方向ですが
前述のように日足上昇トレンド中ですので
ショート狙いは慎重に吟味したいところです

何層にもある下値抵抗線を石橋を叩くがごとく確認する必要があるでしょう

現状では
第一下値抵抗線 1.2320
第二下値抵抗線 1.2300

このあたりに注目しております

特に1.2300付近では日足+1σラインと重なってきますので
重要ラインとして意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180130

(チャートをクリックすると拡大されます)





この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する