今日のユーロドル分析5月4日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180504

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりの陽線を形成しております

ただ、1時間足を見るとわかりますが
安定した上昇ではなく
昨日は上昇→下降→上昇
の波を繰り返す流れで
結果的に最後の波が上昇だったので陽線となっております

1時間足チャートそのものはレンジ展開となっております

ただ、昨朝までは下降トレンド中でしたので
そういう意味では流れに変化が出つつあるといっても良いかもしれません

とはいうものの、上昇へ転換したわけではありませんので
さらなる下落の可能性も視野に入れる必要はあります

現状では1.9350ラインが1時間足のレンジ下限となっておりますので
このラインを直近の下値抵抗線として意識しております

このラインを割れると直近安値更新となりますので
再度下降圧力の強まりを読み取れるラインと見ております

逆に上方向には何層もの抵抗線の存在があります

第一上値抵抗線 1.2000
第二上値抵抗線 1.2500
第三上値抵抗線 日足ー1σ

で見ております
これらのラインの攻防を1つずつ確認していきたいと思います

特に今日は雇用統計を控えておりますので
このタイミングで動く可能性がありますので注視しましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180504

(チャートをクリックすると拡大されます)


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する