FC2ブログ

今日のユーロドル分析8月23日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180823

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

結果的に先週木曜日から陽線が続いております

レートでは1.16台に戻る場面もありまして
ようやくトルコ制裁発言前の状態に戻っております

ただ、トルコ問題は解決したわけではありません
最近のユロドル上昇には別の理由がありまして
ドル売り、ユーロ買いが発生しております

ドル売り関しては
トランプ大統領がパウエルFRB議長やFRBの利上げ政策について批判したことや
米中通商協議についても期待していないと発言、
また中国や欧州を為替操作国として名指ししたことなどで、ドル売りとなっております

ユロ買いに関しては
英国のEU離脱問題でEUと英国の交渉会合を継続的に行い、問題解決を加速させることで
合意したことでポンドが大きく買われました。

この条件が揃ったこともあり
ユロドルの上昇に勢いをつけております

とはいえ、
トルコ問題が残っていることと
ベネズエラのデノミによる新興国通貨への不安感がある点では
まだ油断できない状況です

チャート上では
指摘して1.1570ラインまで到達しておりますので
次の目標値を日足+1σラインで見ております
このラインを越えると更なる上昇を期待しております

逆に
1.1570ラインを再割れすることで
上昇圧力の弱まりを読み取れまして
最初の下値抵抗線を1.1500付近で見ております

このラインを割れることで下降圧力の強まりを読み取れる入口になりやすいでしょう

ユロドルは上昇下降のどちらの可能性も秘めておりますので注視しましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180823

(チャートをクリックすると拡大されます)







この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する