来週の★ドル円★予想相場8/1

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのFX情報をお読みになられる方は
まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

応援ありがとう御座います(^^)v

--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

今週1週間のUSD/JPYを振り返ると


始値 94.75
終値 94.67
高値 95.89
安値 94.00

米ドル円の1週間を振り返ってみますと、週始と週終わりがほぼ同値ですので、行った来たをしているといえるでしょう

しかし大事なのはレートではなく、「流れ」「圧力」であると私は日頃から申し上げております

先週後半に米ドルは課題であった「日足平均線」を越える事が出来ました

今週のテーマとしては「日足平均線」でサポートを受けることが出来るかどうかと言う解説を先週土曜日に致しました

週の動きを振り返ると私が言ったことがよくお解かりいただけるかと思います

下ヒゲが割り込む場面があったとしても、クローズでは平均線上に位置しておりますので、サポートを受けていると言うことがいえるでしょう。

これが1つ目の課題でありました。

週の5本のローソク足を見ます、最初の3本は下方に圧力を受け、下ヒゲを伸ばしてます

これは「ブレイクトライ」です

今度はしっかりと平均線でのサポートが確認できたので上に圧力をかけ+1σトライをしているのが木金のローソク足です

木金のローソク足は上ヒゲが日足+1σまで到達していることがわかります

それは私の金曜日の予測上値抵抗値 95.85 →結果、金曜日最高値 95.90

であったことからも、+1σで上値抵抗を受けていることがわかります

これが私が週末のブログで解説をした次の課題である「+1σ越え」の姿ですし

結果的に指摘したとおり越えられずも一気に下降した結果となっているわけです

金曜日のブログでもまさにこのことについて指摘をしましたし、ボリバンの平均線から+1σで推移する際のトレード方法があると言う解説も致しました

このようにしっかりした「目安」を定める事により、根拠があり、安心した取引ができます

何より、逆目の抵抗値を算出できるので「損切り設定」がしっかりでし、大損をしなくなります

私は神様ではありませんので「絶対」といった予測は出来ません

しかし、「節目」を判断する事により、統計的に「確率の高い」見通しを予測する事ができます

それだけこの「節目」を読み取ると言うことが、エントリー、決済共に必要な目処になります

このように判断をする事により、変なタイミングでポジションを取るリスクが大幅に減ります。

利益はその人の「欲」の影響を強く受けますので、一概にも増えるとは断言できませんが、
損益が得るということは言うまでもありません

少なくとも私の申し上げている「節目」を意識する事により「損小利大」の「損小」お手伝いは出来ているものと自負しております

これが節目を意識した結果です

この節目を知っているかいないかがいかにトレードをする上ので心理に影響するかは言うまでもありません。

ここが分析している方と値頃感でトレードをしている方との大きな違いです

相場は活きていますので、動きます。動くという事は必ず「節目」が存在します

その節目が抵抗値や転換値になってきます

その節目ポイントが利益確定であったり、損切りであったりのポイントとなります

これを身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。

研修生の皆様には「節目」を算出する勉強方をお教えし、毎日鍛練していただいております。
その結果他人に頼るのではなく自身で「相場観」を持つ事ができます

この甲斐あって、研修生は「大損をしなくなりました」とのお喜びの声をたくさんいただいております

【日足チャート】
米ドル日足8.01

冒頭でも申し上げたように、今週は週始と週終わりで反対の圧力を受けていることがわかります

金曜日の結果などはまさに私がブログで懸念したとおりの動きをしてくれております

しかし、金曜日の下落をみて流れが変ったと言う見方は早いでしょう

金曜日の場合は極端な下降圧力が働いたと言うよりも、+1σトライでエネルギーを失い一気に下落をしたように見えます。

もう一つのポイントとしては平均線でサポートを受けていると言うことでしょう。

いずれにしてもまだ方向性が定まらずに上にいくにもそこまで強いエネルギーを持ち合わせていないと言う状態でしょう。

来週のポイントは平均線をブレイクするのかそれとも+1σをクリアするのかを目処として考え、それまではバンド内で推移をしやすいという方針で宜しいと思います。

このような時はあまり深追いをせずに短期決済のトレードを心掛けて頂きたいと思います

今週の抵抗値は
上値抵抗値 95.80
下値抵抗値 94.50



詳細は日々のブログで申し上げていきます

★★★情報をチェックしましょう★★★
今日は121位の「専業主婦ゆむすけのはじめてFX 」さん
がとても良い参考記事を書いてますよ
チェック→人気ブログランキング

1日1回のクリック応援をお願いします(下の2つのアイコンをクリックしてください)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

応援ありがとう御座います(^^)v
★★★★★★
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する