未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180614

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

深夜にFOMC発表がありました

FOMC前までは上昇圧力優勢の展開でありましたが

利上げ発表によりドル買いに反応し
ユロドル下降に動いたのですが
この動きは一時的となりまして
今朝は戻しの圧力が働いております

この一時的な下降を無視すれば
ユロドル1時間足は上昇トレンド中と言える値動きになっております

下降圧力が強く働いた際は
指摘しておりました下値抵抗線 1.1720 付近でピタッと止まっておりますので
やはりこのあたりは下壁として有効になっております

チャート上ではこの下壁付近からの反発展開となっております

今朝の時点では上昇圧力優勢ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最近に傾向として 上値抵抗線 1.1820 付近で何度か高値が止まっておりますので
この付近を最初の上値抵抗線として意識したいところです

このラインを越えることで次の目標値を日足+1σあたりで見ております

今日はこのあたりを上下のポイントとして見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180614

(チャートをクリックすると拡大されます)










日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180612

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

陽線ではありますが
上昇圧力優勢というよりも
ほぼレンジ展開とう状況です

先週は上昇圧力優勢相場でしたので
上方向のアタックを仕掛けているのですが
週末から昨日に掛けてはもみ合っておりますので
上値抵抗線に対してアタックを仕掛けている状況です

これまでも何度か指摘しておりますように
1.1820付近で何度か止まっておりますので
やはりこの付近に上値抵抗線の存在があるようです

今後もこのラインは上値抵抗線として意識したいところです
このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を日足+1σ付近で見ております


また、レンジ中ですので下値抵抗線も意識したいところですが
最近の傾向として日足平均線付近に存在しているようです

このラインを割れてきますと次の目標値を1.1720で見ております

現状ではレンジ中ですので
強い方向はついておりませんが
上記ラインの攻防で方向を読み取りたいと思います



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180612

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
日足20180607

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております
昨日の注目点は1.1720ラインでした

最近は上方向にアタックを仕掛ける場面が多いものの
1.1720ライン付近で止まるケースが多いことから
このラインを上値抵抗線として意識していたのですが
昨日の上昇力でこのラインをクリアすることで
上昇圧力に勢いを読み取れました

レポートで想定しましたように
このラインを越えることで次の目標値を日足平均線で設定していたのですが
昨日の最高値は平均線付近で止まりましたので
これも予測通りの展開と言えます

今朝の時点では
日足平均線真下からのスタートですので

このラインの攻防で方向を読み取りたいと思います

日足平均線よりも上の範囲では上昇圧力継続で
次の目標値を1.1820付近で見ております

ただ、反落の可能性も想定しておきたいところでして

1.1720ラインを割れることで下降圧力の強まりを期待しております
この場合は次の下値抵抗線を日足ー1σライン付近で見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20180607

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
日足20180606

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

中盤までは下方向にアタックを仕掛けておりましたが
終盤に小反発の展開となっております

昨日のポイントはレポートで指摘した日足ー1σラインでして
このライン付近で反発しております

更に反発した際の高値も指摘しました1.1720付近で
ピタッと止まっている状況です

ですので、昨日はある程度の変動幅があるものの
指摘した上下抵抗線が効いてる状況と言えます

今朝の時点では上値抵抗線付近からのスタートですので
まずはこの動きから見て行きたいと思います

引き続き、1.1720ラインに注目しておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ております
うまくいくと日足平均線を目指す上昇力となる可能性があります

更に日足平均線を越えることで流れの変化のキッカケになるかもしれませんので
このあたりも注目したいと思います

逆に下方向ですが
この部分も昨日と同様の方針で見ておりまして
最近の値動きは日足ー1σラインで何度か止まっておりますので
このラインを最初の下値抵抗線して意識しております

このラインを割れることで下降圧力の強まりを期待したいと思います


大きな読みはこれまで通りでして
ある程度上昇してからの再下落待ちに変わりはありません


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20180606

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
日足20180605

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

中盤までは上昇圧力優勢でありましたが
後半には戻しの作用が働いております

やはり、上方向は重たいようです

金曜日の雇用統計を受けての相場ではありましたが
雇用統計によるドル買いの影響も昨日はほぼ受けていないように思います

ドル円の動きが小さい一方でユロドルが上昇しておりますので
ユーロの買戻しがやや進行したように思います

ただ、昨日の値動きを見る限りでは
ユロドル上昇はまだ波に乗り切れていない状況です

昨日のレポートでは上値抵抗線1.1720を指摘しました
一時的にこのラインを超える場面がありましたが
結果的に戻されておりますので
やはり、このライン付近に上値抵抗線の存在がありそうです

今日もこのラインに注目しております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続でみておりまして
うまくいくと日足平均線を目指す上昇力となる可能性があります

更に日足平均線を越えることで流れの変化のキッカケになるかもしれませんので
このあたりも注目したいと思います

逆に下方向ですが
昨日は日足ー1σラインで何度か止まっておりますので

現状ではこのラインがサポートになっているようです
ある意味、これもプチ変化として受け止めることができます

今日は日足ー1σラインを下値抵抗線として意識しまして
このラインを割れることで下降圧力の強まりを期待したいと思います


ただ、大きな読みはこれまで通りでして
ある程度上昇してからの再下落待ちに変わりはありません


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20180605

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180604

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日は雇用統計日でありまして
好結果からドル買い展開となりましたが
一次的なドル買いとなりまして
その後は戻しの作用が働いております

結果的に大きな変化は発生しておりません

5月では極端な下降圧力が発生したユロドルではありますが
最終週ではようやく落ち着きを見せるような流れとなっておりますので

月末の調整に過ぎない点もありますので
今後も注意は必要です

ただ、短期では上壁も下壁も出てきましたので
近々のトレードの「目安にしたいと思います

強い下降トレンド中であるという前提ではありますが

上方向に反応した際は
まずは1.1720ラインに注目しております

このラインは先週の戻しの壁になっておりましたので
ここを越えると小反発の期待が持てるポイントとして見ております

逆に下方向は
1.1600付近に壁の存在がありそうです
ここを割れることで直近安値1.1500付近まで下落する可能性が出てきますので
注視したいと思います

基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで変わりはありません
そういう意味ではもうちょっと上昇した方が狙い目が増えてくるように思います

今日は雇用統計開けの相場ですので
午前中から注目しましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180604

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180531

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりの陽線となりました
しかも、結構長いです

ですが、これまで下落が続いておりましたので
大きな変化は発生しておりません

今朝の時点では1時間足で上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の上値抵抗線を日足ー1σラインで意識しております

このラインを越えることでもう一段の上昇を期待しておりますが
どこまで伸びるかは未知数ですし
過度の期待は控えたいところです

基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで変わりはありません

まずは、日足ー1σラインを越えることができるのか
このライン付近から再下落するのかを見ていきたいところです

越えた場合は次の上値抵抗線を1.1750付近で見ておりますので
この付近も戻り売りポイントとして意識したいところです

その上にも何層かの上値抵抗線がありますので
注視していきましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180531

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180529

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日も直近安値を更新致しました
下降の勢いが止まらない状況です

前半は上昇展開であったものの
日足ー1σラインのやや手前で流れをガラッと変えてきました
昨日も解説しましたように
このライン付近には重たい上値抵抗線の存在があるようです

ただ、展開としては
狙い通りのある程度上昇してからの再下落待ちとなっておりますので
昨日のような展開は想定通りとも言えます

まだ、引き続きの下降トレンド展開ですので
方針は変わりません
基本はある程度上昇してからの再下落待ちで見ております


日足ー1σラインを近々の上値抵抗線として意識しておりますので
このライン付近の攻防には注視したいところです



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180529

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180527

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日も直近安値を更新しております
下げ止まりませんね

ユロドルは当然のことながら
米ドルとユーロの相対でありますが
欧州の弱さが際立つ1週間となりました

下落幅が大きいですので短期では戻しの力も働くのですが
結局、下降圧力が勝っているのが今の現状です

また、トレンドが見えていてもエントリーのタイミングが難しいのも今の状況とも言えます

ですので、自信のないところでのエントリーは控えるようにしましょう

また、今の基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちですので
一旦上昇するまで待つのも方法だと思います

反発のポイントは
第一上値抵抗線 1.1675
第二上値抵抗線 日足ー1σ

あたりで見ております

特に日足ー1σ付近は重たいですので
このライン付近の攻防には注視したいところです


今日は米朝首脳会談の再開ニュースを受けて
市場がどこまで反応するのかを見ていきたいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180527

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180525

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

昨日のレポートで解説しましたようにで
1.17台に戻してきましたので
戻しの上昇を期待できる状況となりました

チャート上では小反発の展開となっておりますが
まだ大きな変化は発生しておりません

ただ、ドル円に変化が発生しつつありまして
久しぶりにに108円台にまで戻してきましたので
最近に強いドル買いに変化が出ております

昨日の場合はユロ売りも同時に進んでいましたので
まだユロドルに大きな変化は発生しておりませんが
今日も反応する可能性があります

更には、米朝首脳会談の中止の発表もありましたので
アジアにリスクが若干強まりました

これもドル売りにどこまで反応するのか見ていきたいところです


チャートに戻りますが
上方向に反応した際は
近々の目標値を日足ー1σライン付近で見ております

このラインを越えると次の目標値を1.1820付近で見ておりまして
ここを越えると流れに変化を期待できるポイントとして見ております

逆に下方向ですが
一昨日の最安値 1.1675付近に注目しております

このラインを割れることで直近安値更新の値動きとなりますので
下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
これまでのように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180525

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180524

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日の動きは比較的大きなものとなりました
レポートで指摘しましたように
1.17中盤に小さい下壁がありまして
その下に直近安値1.1715ラインがありました

このラインを割れることで一時的に下降圧力の強まりを想定しておりましたように
ブレイクすることで勢いを持って下降しております

結果的に直近安値更新の展開となっております

今朝の時点ではやや戻しが発生しておりますが
まだ反発を期待できる展開ではありません

1.17台に戻すことで下降圧力の落ち着きを読み取れますが
日足ー1σラインを越えるまでは
油断できない状況であります

下方向は昨日の最安値 1.1675付近に注目しております

このラインを割れることで直近安値更新の値動きとなりますので
下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
これまでのように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180524

(チャートをクリックすると拡大されます)








日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180523

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

昨日も乱れた相場展開となりました
前半は下降圧力優勢で相場が進みましたが

限定的な下降となりまして
中盤には比較的勢いのある上昇となりました

しかし、上昇圧力は指摘しました1.1820付近に到達すると
ピタッと勢いが止まっております

このライン付近では何度か高値が止まっていますので
比較的強い上壁の存在があると言えます

今日以降もこのラインを最初の上値抵抗線として意識したいと思います

また、後半には下降圧力が発生し
これも勢いがありまして
上昇した分を戻しました

その結果、日足同値線となっております

下降の下降圧力は 1.17中盤で何度か止まっておりますので
このあたりにも弱目ではありますが下壁の存在があるようです

ここをブレイクすることで
直近安値1.1715へのトライを期待したいと思います

但し、
このラインを割れることで直近安値更新の値動きとなりますので
下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
前回のように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180523

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180522

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりの日足陽線を形成しましたが
まだ力強さは読み取れません

ただ、今朝の時点では1時間足で短期上昇トレンド中ですので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の目標値はこれまで同様に
1.1820ラインを意識しております
更に、やや上に日足ー1σラインの存在がありますので
この両方の上値抵抗線を越えることで
上方向への変化を期待したいと思っております

とはいえ、日足では強い下降トレンド中ですので
基本方針はある程度上昇してからの再下落待ち方針は引き続き継続で見ております


また、下方向は昨日最安値が谷の存在となっておりますので
この付近 1.1715を近々の下値抵抗線として意識して尾いrます

このラインを割れることで直近安値更新の値動きとなりますので
下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
昨日のように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180522

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180520

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日の前半は上方向にアタックを仕掛けるものの
指摘しました上値抵抗線 1.1820で
高値がピタッと止まっております

その後、短時間で下降へと転じております

しかし、下降圧力も限定的でして
これも指摘しました下値抵抗線1.1760付近で止まりまして
終盤はレンジ展開となっております

日足陰線ではありますが
上値抵抗線も下値抵抗線も効いている展開となっておりますので
大きな変化は発生しておりません

金曜日の終わりかけは下値抵抗線付近からのスタートとなりますので
まずはこのラインの攻防から見ていきたいところです

このラインを割れることで直近安値更新の値動きとなりますので
下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
前回のように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです


上方向は引き続き1.1820ラインに注目しております
このラインよりも上の範囲では短時間で上昇圧力優勢の相場で見ておりまして
目標値を日足ー1σライン付近で想定しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180520

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180518

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

陰線ではありますが
大きな変化は発生しておりません

昨日の前半の展開は上方向にアタックを仕掛ける状態でありしたが
これは長続きせずに、中盤は下降への流れを変えてきました

昨日の注目ラインは1.1820ラインでして
短時間はラインを越えてましたが
これも長続きせずに戻してしまっております

上方向は力不足の状態ではありますが

中盤以降の下降もそれほど力強いものではありませんでした

昨日のレポートで指摘しました下値抵抗線を割れておりませんので
やはり、このあたりが下値抵抗線として有効なようです

下値抵抗線は引き続き
一昨日の安値 1.1760を想定しております

このラインを割れることで下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
前回のように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです


上方向は引き続き1.1820ラインに注目しております
このラインよりも上の範囲では短時間で上昇圧力優勢の相場で見ておりまして
目標値を日足ー1σライン付近で想定しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180518

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180517

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

また直近安値を更新してきました

昨日の下降圧力により指摘しました
下値抵抗線 1.1820を割れることことで
下降圧力の強まりが読み取れております

ブレイクしてすぐは結構な勢いを持っておりました

ただ、この下降圧力は継続されずに
後半には戻しの圧力発生しております

今朝の時点では戻しの途中ですので
どこまで上昇するのかを見て聞きたいところです

まず、最初の注目点は
1.1820ライン でして
このラインは昨朝の時点では下値抵抗線でありました
しかし、ブレイクしたことにより
戻しの際には上値抵抗線へと変わっております

今日の戻しの上昇によりこのラインを越えると、
短期で上昇圧力の強まりを期待したいと思います
その場合の期待値としては日足ー1σライン付近までの上昇を想定しております

ただ、上昇に関しての期待度は未知数でして
再下落の可能性も十分あります

その際の下値抵抗線として昨日の安値 1.1760を想定しております

このラインを割れることで下降圧力の強まりを期待しておりますが
ただ、この場合は長続きの下降ではなく
昨日のように短時間の下降で戻す場合もありますので
その点は注意したいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180517

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180516

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

また一気に下がってきましたね

先週後半は戻しの上昇圧力が発生していたのですが
昨日と一昨日の下落に一気に戻しております

背景には米国金利上昇により
欧州通貨を売って、米ドルを買う勢いがついている状況です

サプライズではないので
どこまでこの勢いが続くのかが今後のポイントとして見ております

チャート上では
下降圧力が急激に強まったものの
私がラインを引いておりました
1.1820ラインでピタッと止まっております

やはりこのラインを下値抵抗線として有効なようです

今朝の時点では1時間足で下方向へアタックを仕掛けておりますので
このラインの攻防に注目しております

ラインを割れると直近安値更新に向けた値動きになりますが
ラインを守れれば小反発が期待できます

小反発した際は
まずは1.1900ラインを意識して
このラインを越えると次の目標値を日足ー1σライン付近で見ております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180516

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180513

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

木曜日に引き続きの陽線を形成しております

中盤の上昇では比較的勢いを持ってしたのですが
指摘しました上値抵抗線である
日足ー1σラインでピタッと止まっております

その後はモジモジしておりますので
今後の展開はこのラインの攻防の影響を受けやすいと見ております

このまま反落して再下落する可能性も十分ありえますので注意したいところです

今日は基準線を日足ー1σライン付近で見ております

このラインよりも下の範囲ではショート軸で想定おりますし
このラインよりも上の範囲ではロング軸で見ております

ただし、日足レベルでは下降トレンド中ですので
基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで変更はありません

上方向は勢いが付けば次の目標値は日足平均線付近で見ておりますので
ここまで行くかどうかは未知数が大きいように思います

まずは日足ー1σラインの攻防を見ていきましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180513

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180511

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりに長い陽線が出ましたね

昨朝の時点ではレポートで解説しましたように
1時間足レベルでレンジ展開にありましたが

指摘しましたレンジ上限の1.1900を越えることで
上方向に延びております

しかし、安定した上昇とはいかずに
上がったり、戻したりの展開となっておりまして
上壁も重たいように思います

今朝の時点はまだ上昇圧力を維持しておりますので
今日はどこまで上昇するのかを見ていきたいところではありますが

まだそこまでは安定した局面ではありません

上方向では次の目標値を日足ー1σラインで見ておりますので
このラインを越えることで、ようやく上昇圧力の強まりを期待できますので
昨日の上昇だけでは油断は禁物です

今の段階では基本方針は
ある程度上昇してからの再下落待ちで見ております
昨日のチャートを見る限りでは
1.1930~1.1950
の間に上壁の層がありそうです

この付近を越えることで
短期の上昇圧力が強まり、日足ー1σラインにたいしてアタックを仕掛けやすくなると思います

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
今の段階ではこのライン付近からの反落狙いの方が先の狙い目と見ております


場合によっては流れが変わるかもしれない大事な場面です
方向転換の際は上記の変化に察知するようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180511

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180510

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日もこれまでの流れ通りの下降となりました
日足では強い下降トレンド中ではありますが
1時間を見ますと、短期ではそこまでは強い下降トレンドではなく
下値も重たい気配を読み取れます

昨日は前半は下方向にアタックを仕掛けるものの
中盤に小反発しました

しかし、上値も重く1.1900手前で戻れております

結果的に1時間足では一昨日の終盤からレンジ展開となってります

レンジ幅は
上限 1.1900
下限 1.1820

で意識しておりますので
このどちらかをブレイクすることで
動きの発生を読み取れると思います

ただし、上方向は
何層もの壁の存在がありまして
今朝の段階で注目しているポイントは
第一上値抵抗線 1.1930
第二上値抵抗線 日足ー1σライン
第三上値抵抗線 1.2050

あたりで見ております

この壁毎に確認が必要ですので
過度な上昇期待は持たない方が良いでしょう


基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで構えておりますので
この点も選択肢に持っておいた方が良いと思います



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180510

(チャートをクリックすると拡大されます)