未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180320

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

1時間足を見ますと比較的しっかりとした上昇圧力となっております
昨朝のレポートで解説しましたように
昨朝の時点では下値抵抗線である日足ー1σライン付近からのスタートでして
下方向にアタックを仕掛けている状態でした

しかし、今回は下値抵抗線が強く
反発上昇へと流れを変えた格好となっております

また、上昇の勢いも強く、目標値である日足平均線に到達したところで
今朝を迎えております

今朝の時点では1時間足で上昇トレンド継続中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

ただ、日足平均線をキープできている状態が条件となります

この条件をキープできれば次の目標値を日足+1σライン付近で見ております

割れるようであれば昨日の上昇に対しての戻しも想定されます

ここで即ショートではありませんが
戻した際は最初の目標値を日足ー1σ付近でみております
このラインを割れることで
下方向への変化を読み取れて
その次の目標値を1.2200付近で見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180320

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180319

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

金曜日のレポートで想定した通りの展開となりましたね

前半から中盤にかけての上昇では安定しつつも
最初の上値抵抗線として意識しておりました
日足平均線にタッチすると同時に一気に下降に転じております

この形を見ることで日足平均線の有効性が十分わかると思います

逆に後半は反落という形で下降圧力が発生しているのですが
最初は勢いをもっていたものの
目標値である日足ー1σラインに達すると
下降の勢いを失ってレンジ展開となっております

つまり、月曜日は上も下も想定した抵抗線で止まっておりますので
変化ナシの展開と言えます

両方とも今後も抵抗線として意識しておりますが
そこまで強い抵抗線ではありませんので
近々の流れでどちらかはブレイクしてくると思いますので
変化発生の最初のキッカケになると思います

下方向に勢いがついた場合は
次の目標値を1.2200付近で見ております

逆に上方向に勢いがついた場合は
次の目標値を日足+1σ付近で見ております

このあたりを今週前半のポイントとして考えております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180318

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180316

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

昨日の展開では下降圧力に勢いがつく形となっております

前回のレポートでは上方向のアタックを解説しまして
上値抵抗線として日足+1σラインを指摘しておりました

結局、このラインにタッチすると反落展開に流れを変えておりますので
想定通りに日足+1σラインが上値抵抗線として有効だったといえます

下降圧力の発生により昨日は日足平均線を割れてきましたので
短期では変化アリと言えます

しかし、日足レベルで見ますと
近々ではレンジ展開となっておりまして
まだ、レンジの範疇と言えます

今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

最初の目標値は日足ー1σラインで見ておりますが
このラインを割れると次の目標値を1.2200付近で見ております

逆に日足平均線を越えてくると
下降圧力の弱まりを読み取れますので
方針転換の目安として考えると良いと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180316

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180313

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

特別大きな動きは発生しておりません
昨日は中盤に下方向に圧力が掛かるものの
1.2280付近で上昇に流れを変えております

先週末からこのラインで安値が止まる傾向がありますので
今後も短期の下値抵抗線として注目したいと思っております

また、終盤以降は上昇に流れを変えておりまして
今朝の時点では日足平均線をやや越えたところに位置しております

一応は上方向への変化ではありますが
まだ、ロングポイントにまでは至っていないように思います

こちらもそうですが
先週末から1.2350付近で何度か高値が止まっている傾向がありますので
短期の上値抵抗線として意識したいところです
このラインよりも上の範囲をキープできれば
上昇圧力継続で次の目標値である日足+1σを目指す値動きになりやすいと思っております

いまの段階では先週末からのレンジ展開の延長線上ですので
上記の短期上値抵抗線、下値抵抗線の攻防で流れに変化を見ていきたいと思っております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180313

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180312

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

金曜日は雇用統計日でした
結果は予想よりも好結果ではあったものの相場への反応は限定的となっております

直後は上下に振れているのですが
その後は荒れることなく推移しております

恐らく、今日以降の相場に大きな影響はないように思えます

また、上下抵抗線もそのまま有効な状態でして
金曜日の最安値は日足ー1σライン付近でピタッと止まっております
このラインは今週も下値抵抗線として意識したいと思います

逆に上方向ですが
金曜日は日足平均線で抑え込まれておりますので
一応はこの付近を上値抵抗線として意識したいと思いますが
そこまで強い上値抵抗線とは見ておりません

日足平均線を越えることで短期の上昇圧力は発生するかもですが
本格的な上昇期待は日足+1σラインを越えるまで待ちたいところです

金曜日のクローズの時点では
上記の上値抵抗線と下値抵抗線が有効ですので
今週前半はこのあたりに注目し
変化を見定めたいと思っております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180312

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180309

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

結果的に下落に反応しました
昨日のレポートでも指摘したのですが
ここ数日間は上値抵抗線付近でモジモジしておりましたが
このラインを越えることができませんでした

先の見通しとして上値抵抗線を越えれば上昇圧力の強まりを期待できる場面ではありますが
越えられない期間が長いと逆に勢いを失って下落する可能性も指摘しましたね

特に、下方向の場合は1.2835付近の下値抵抗線の存在を意識しておりましたので
このラインをブレイクすることで
次の目標値である日足平均線付近までの下落を狙うことが出来たと思います

今朝の時点では
日足平均線を割れている状態で
更に1時間足では下降トレンド状態です

まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです
最初の目標値は1.2260付近で見ておりまして
このラインを割れると1.2200を目指す勢いがつくかもしれません

逆に上方向には
日足平均線を越えることで
下降の勢いの弱まりを読み取ることができますが
即ロングポイントとしては弱いように思います

日足+1σを越えることで上昇の勢いが増しやすいと思います

特に今日は雇用統計ですので
相場が大きく動く可能性もありますので
抵抗線への変化をしっかりとチェックしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180309

(チャートをクリックすると拡大されます)
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180308

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

昨日のポイントは日足+1σラインでした
終日レンジ展開でありますが
このライン付近でモジモジしております

つまり、上方向にアタックを仕掛けるものの
越えきれない状態を読み取ることができます


今日も引き続き日足+1σラインを基準線として注目しております

このラインを越えると上方向に勢いがつく事を期待しておりまして
ラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見てみております

ただ、昨日のように越えられずにモジモジする期間が長いと
勢いを失って下落する可能いもありますので
現状ではどちらともいえない状況です

ですので、ラインの攻防を見極めて方向を決めるようにしたいところです

上方向に反応した際は
再度1.2500へアタックを仕掛ける可能性が高くなると思います

逆に下方向ですが
短期では1.2385付近で何度か止まっておりますので
このあたりを近々の抵抗線として意識しておりまして
このラインを割れることで再度日足平均線にアタックを仕掛けやすいように思います


特に明日は雇用統計がありますので
雇用統計待ちの様子見もあり得ると思います

動いてから方向に乗る形で良いですので日足+1σラインの攻防を見ていきましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180308

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180307

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

やはり上昇しましたね

昨日のレポートで解説しましたように
昨朝の時点ではユロドルには上昇気配が出ていませんでしたが
ユロ円で上方向にアタックを仕掛ける気配がありましたので
まずは上方向への変化に注目しておりました

目安として日足平均線を基準線として意識しておりまして
昨日の展開では日足平均線を越えて
短時間で一気に上昇しております

その勢いで次の目標値である日足+1σラインに到達しておりまして
今朝の段階では
日足+1σラインが上値抵抗線として有効な状況です

今日の展開で日足+1σラインを越える用であれば
さらなる上昇を期待しますし
再度1.2500へアタックを仕掛ける可能性が高くなると思います

逆に下方向ですが
短期では1.2385付近で何度か止まっておりますので
このあたりを近々の抵抗線として意識しておりまして
このラインを割れることで再度日足平均線にアタックを仕掛けやすいように思います

勢いが増して日足平均線を割れるようであれば
下降圧力の強まりを期待するポイントとしてみております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180307

(チャートをクリックすると拡大されます)











日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180305


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

昨日は想定した通りの展開となりまして
イタリア選挙の結果を受けてユーロは乱高下しました

前半はユーロ売りで後半は戻しのユーロ買いに反応しています
前半のユーロ売りでユロドル下降に反応したのですが
チャート上では指摘した下値抵抗線である日足ー1σラインのやや手前で止まっておりまして
このラインが効いて反発している形となっております

また、後半の戻しの上昇の際は
高値が日足平均線付近で止まっておりますので
このラインも指摘した上値抵抗線ですので
上値抵抗線が効いている状態が読み取れます

ですので、上下に動いたものの
肝心なところでは止まっているのが昨日の展開と言えます

今朝の時点では1時間足レベルで強いトレンドは発生しておりませんが
ユロ円では短時間で上昇トレンド中ですので
まずは上方向へのアタックから注目したいと思います

相場の読み方は昨日と同様に見ております


最初の上値抵抗線は日足平均線でして
このラインを基準線としてみております

平均線よりも上の範囲では上昇圧力継続中で見ております

ただ直近の動きでは
1.2350付近で高値が何度か止まっておりますので
このラインの攻防は重要だと思っております


逆に下方向は日足ー1σ付近を節目でみておりまして
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを意識しております



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180306


(チャートをクリックすると拡大されます)









日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180305

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週末、木曜日と金曜日で比較的強い上場圧力と言えますが
その前の先週火曜日水曜日で下落しましたので
結果的に行った来たの展開となっております

週末のクローズ時では
1時間足で上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の目標値は日足平均線でして
このラインを基準線としてみております

平均線よりも上の範囲では上昇圧力継続中で見ております

ただ直近の動きでは
1.2350付近で高値が何度か止まっておりますので
このラインの攻防は重要だと思っております


逆に下方向は日足ー1σ付近を節目でみておりまして
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを意識しております

ただ、要注意は日曜日にイタリア総選挙がありまして
5日に開票完了とのニュースですので
結果次第ではユーロに大きく反応する可能性もありますので
この選挙結果は注目したいところです



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180305

(チャートをクリックすると拡大されます)
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180302

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

3月最初の相場は上昇となりました
やはり月が替わることで流れが変わりつつあります

先月末の2営業日は陰線を形成しまして
このタイミングで2月の最安値を更新しました

しかし、昨日の上昇によりやや戻している状態です

月末に注目したラインは1.1220でして
一昨日の下降圧力で割れたものの
一時的なブレイクで戻しておりますので
やはりこのライン付近は下壁の存在があると読み取ることができます

再度下方向へアタックを仕掛ける場面があると思いますが
このあたりに注目したいと思います

また、上方向ですが
昨日の上昇は日足ー1σラインでピタッと止まっております
今日はこのラインを基準線としてみております

日足ー1σラインを越えてこのラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ておりまして
上昇圧力が継続すれば次の目標値を1.2350付近で見ております

また、日足ー1σラインを越えられなければ
再下落待ち場面で見ておりまして
再下落の際には1.1220付近を目標値で見ております


更に週末にはイタリア選挙を控えておりますので
ユーロのポジション調整には気を付けたところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180302

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180228

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

ちょっと動きが出てきましたね

昨日の中盤まではレンジで揉み合っておりまして
ここ数日間はレンジ展開で推移しておりました

方向としては下方向にアタックを仕掛ける場面でありましたが
日足ー1σラインが効いている状況でしたが
昨日の下降圧力で日足ー1σラインを割れてきましたので
変化アリの展開と言えます

今日のポイントとしてこの下降が継続されるのか
一時的で戻るのかを見ていきたいところです

ブレイクすると月末にきて2月の最安値更新となるほどの動きですので
重要なポイントでもあります

今日のポイント値は 1.2200ラインを意識しております

このラインを割れてくるようであれば変化発生と見ておりまして
このラインよりも下の範囲では下降圧力継続の目安としております

逆にラインを割れなければ小反発待ちの場面で見ております
特に日足ー1σラインを越えてくると
昨日の下降圧力は帳消しの戻しと判断できると思います

今日は月末日ですので
調整の動きもあると思いますので
チャート上の変化を見逃さないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180228

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180226

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週の動きを見てみますと
木曜日は陽線を形成したものの
金曜日は再度陰線を形成をしております

直近6本の日足ローソク足は下降トレンドを形成しております

ところが、その前の6本のローソク足は陽線優先で上昇トレンドラインを形成しております

つまり、直近12本では行った来たの綺麗に山谷を形成する展開となっております

この山と谷が今後も重要でして

山の頂点は上値抵抗線
谷の底は下値抵抗線

として意識することができます

そういう意味では金曜日は谷の底に近いところでクローズしておりますので
下値抵抗線付近に位置している状態がわかります

この状況での狙い目しては
新規ショートというよりも
小反発ロング狙いを待ちたいところではあります

また、想定した谷を下抜けした場合は変化発生察知しまして
追い込みショートの狙いどころとしても考えております

特に今週は月末月初週に当たりますので
月の調整として大きく動く可能性も秘めております

そういう意味では、小さな波ではなく
大きな変化を狙いたい場面でありますので
大きな波の状態は把握しておくようにしましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180224

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180222

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

一応、下降を継続した格好となっております
昨日のレポートでも指摘しましたように
ユロドルは短期で下降トレンドを形成しているものの
やや下に下値抵抗線の存在がありましたので
昨日の中盤まではもみ合いが続いておりました

後半になりようやく下降優勢の展開になりかけている状態で
今朝を迎えているようなところです

先週金曜日から始まる下降トレンド継続中ですので
今日もどこまで下落するのかを見ていきたいところです

今日のポイントは
第一下値抵抗線 日足ー1σライン

です
このラインの攻防を基準線としてみております
このラインを割れて下の範囲であれば下降圧力優勢でショート軸で見ております

このまま下降圧力が継続されれば
次の目標値を 1.2220 付近
で見ております

逆に上昇に反応した際ですが
最近の傾向では 
第一上値抵抗線 1.2360 付近
で何度か止まっておりますので
このあたりを最初の注目ラインとして意識しております

今日は上下どちらに反応するのかを見ていきたいところです



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180222


(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20180221

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週金曜日のレポートで解説したのですが
先週木曜日まで上昇トレンドが発生しておりました
ところが、1.2540付近に厚い上壁の存在がありまして

このラインの抵抗を受けて反落しているのが今の下降圧力のキッカケとなっております

1時間足チャートでは下降トレンド中ではありますが
日足では直近2週間でレンジ展開となっております

ある意味わかりやすい展開でありますので
現状の上壁と下壁は把握しておきたいところです

現状では1時間足で緩やかな下降トレンドを形成しておりますので
どこまで下落するのかを見たいところです

しかし、やや下に
第一下値抵抗線 1.2320
の存在がありますので
このラインを今日のポイント値として意識したいところです
割れてくると次の目標値を日足ー1σライン付近で見ております

逆に上方向には
第一上値抵抗線 1.2440
付近を意識しております

月末にも差し掛かってきておりますので
変化発生にはいち早く察知しましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20180221

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180216

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

上昇圧力が止まりませんね
ドル円を見ると強い下降トレンドを形成しておりますので
強いドル売り状態を読み取ることができます

また、昨日のレポートで解説しましたように
日足+1σラインをキープしておりますので
この点からも上昇圧力継続状態を読み取ることができますね

ただ、やや上に1.2540ラインの存在があります
このラインは1つ前の山の頂点ですので
上値抵抗線として意識している重要ラインです

越えると変化アリとしてみておりますが
この付近で跳ね返る可能性もありますので
注視したいところです

また、このラインやや下で新規ロングをとることは控えたいところです

方針として上値抵抗線付近からの反落狙いのショート
または、ある程度下落してからの再上昇狙いのロング

このあたりになってくるかと思います
但し、前者は逆張りですので
跳ね返らずに抜けてしまった際は速やかに切り返しが必要だと思います

抵抗線付近に重要場面ですので
チャンスを見定めてからエントリーするようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180216

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180215

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

一昨日に引き続きの陽線ではありますが
昨日の1時間足チャートを見ますと
上昇一方ではない状況が見受けられます

むしろ、終盤に差し掛かるまでは下降圧力優勢の展開でありましたが
昨日の日足線あたりで安値が止まり
上昇へと流れが変わってきております

その勢いは強く、次の目標値である日足+1σラインも越えてきておりますので
比較的強い上昇力と言えるでしょう

今朝の時点では1時間足で上昇トレンドを形成しておりますので
どこまで継続しているのかを見ていきたいところですが
もう一つの注目点として
日足+1σラインがキープできるどうかでしょう

このラインをキープできている状態であれば
上昇圧力継続で見ております

ラインを割り込むことで現在の上昇圧力の弱まりを読み取れますが
即ショートとまでは想定していません

やや先ですが、1.2200を割れてくると強い下降圧力を読み取れるポイントとしてみております

ドル売りが進んでいますので
このあたりもユロドルトレードの判断材料になるかと思います

ナイーブな相場になっていますので
ちょっとしたキッカケで大きく動く可能性もあるほどです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180215

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180214

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

やや変化アリの展開となっております
昨日のレポートでは1時間足でレンジ展開となっている状態を解説しましたね

注目しましたのが
1時間足チャートレベルでのレンジ幅の
上限 1.2300
下限 1.2200
でした

このどちらかのラインをブレイクすることで変化を察知できることを指摘したのですが
昨日の上昇により 上限1.2300 を越えましたので
この時に変化発生を読み取れております

また、上方向への反応は先週の下落に対しても戻しの作用としても読み取れますので
日足レベルでは変化発生の展開ではありません

今朝の段階では
1時間足で上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

次の目標値を日足+1σライン付近で見ておりますが
ここに到着できなければ、それほど強い上昇圧力でもないとも言えるでしょう


逆にトレンドが落ち着いて下降に反応した際ですが
まずは日足平均線付近に注目しております

このライン付近まで戻してしまうと昨日の上昇圧力は一旦振り出しで判断しております

ただ、ここで即ショートではなく
下値抵抗線1.2200付近を割れると下降圧力の強まりを期待しております

また、このまま上昇圧力が続けば
戻り売りのポイントも発生してくると思いますので
その場合はタイミングの近くになったらお知らせするようにいたします


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180214

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180213

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

各時間帯毎にメリハリのある展開ではありましたが
大きな変化は発生しておりません

1時間足チャートを見るとよくわかりますが
先週木曜日から上限下限のはっきりとしたレンジ展開が続いております

このレンジブレイクが次の方向を読み読み取るキーになりそうです

1時間足チャートレベルでは
上限 1.2300
下限 1.2200

この範囲内でレンジを形成しております

上限を超えるとと上昇圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を日足+1σライン付近で見ております

逆に下限を割れることで下降圧力発生を期待しておりまして
次の目標値を日足ー1σライン付近で見ております

上昇への反応の場合は
先週の下落に対しての戻しとして見れますが
下降への反応の場合は
重要な変化としてみております

今の段階ではどちらとも言えませんが
上下の変化に対して察知するようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180213

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180209

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

昨日の1時間足を見るとわかりますが
レンジの継続でほぼ動かずでした

昨日のレポートでも指摘しましたように
下値抵抗線でモジモジしている状況で
方向が出ない状況です

どこまで続くのかわかりませんが
膠着状態ではエネルギー貯めておりますので
レンジの後に大きく動く可能性もありますので要注意ですね

方針は昨日と同様で見ております

日足平均線を基準線として意識しております
このラインよりも下の範囲であれば下降圧力継続で見ておりまして

次の目標を1.1220付近
その次を1.2165付近
で見ております

逆に反発する可能性もありまして
1.2320を越えると小反発の期待できる範囲と見ております

今のレンジの抜け出しをしっかりと見ていきたいと思います

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180209

(チャートをクリックすると拡大されます)