未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170428

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

結果的に大きな変化になっておりません
昨日指摘しまし様に直近ではレンジ展開になっておりますのが
昨日はレンジの範囲内で推移しましたのでそれに対しての変化が発生していない状況です

どちらかというと下方向にアタックを仕掛ける展開ではありますが
指摘しました下値抵抗線 1.0830ラインに到達しておりませんので
そこまで強い下降圧力とまでは言えないようです

終盤ではレンジですので
今朝の時点では1時間足でも方向付かずではありますが
下値抵抗線に近いところからのスタートですので
引き続き 1.0830ラインは注視したいところです

逆に上方向においても昨日同様に直近高値である 1.0950ラインに注目しております

今週は上方向にアタックを仕掛けるもののこのラインで何度かストップしておりますので
抵抗の確認が取れている重要ラインです

今日は月末営業日でもありますので
調整の動きも入る可能性があります

まずは上記抵抗線をブレイクすることで
変化にいち早く気が付く事が出来るでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170428

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170427

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

大きなトレンドは発生しておりませんが
前半の上方向へのアタックに対して中盤以降は戻しの圧力が発生しております

一昨日の上昇圧力で直近高値を越えてきたのですが
やはり上方向は重たく上昇一方の展開にはなりにくいようです

また、一昨日、昨日の流れの中で1.0950付近で何度か高値が止まりましたので
このあたりに直近の上値抵抗線の存在が確認出来ましたので
今後はこのラインに注目したいところです

また、中盤以降の戻しによりある程度は下落していますが
指摘した下値抵抗線はブレイクしておりませんので
大きな変化は発生しておりません

今日も引き続き1.0830ラインを下値抵抗線として意識しております

今の段階ではまだ月曜日の上窓から発生した上昇圧力が残っていますので
上方向にアタックを仕掛けている状況です

1.0830を割れるまではこの状況が継続されていると判断しますので
基準にしていただくといいでしょう

ただ、月末にも近づいてきますし
日本ではゴールデンウィーク直前などで企業の決済も発生してくると思います

動きが発生しやすいところですので
変化はいち早く察知するようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170427

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日のポイントはスタートですね
週末に行われたフランス大統領選挙第一回目の結果を受けて
予測通りであったことから安心感の買い戻しが発生し
ユーロドルは大きな上窓を開けてのスタートとなりました

約200PIPS位の窓ですので大きな窓と言えますが
レートも非常に重要なポイントでした

1.0905付近まで上昇したのですが、
このラインは私のチャート上にもラインを入れておいたほど注目のレートでして

直近高値の上値抵抗線として意識したいた場所です

昨日は大きな上窓にも拘わらず
上値抵抗はしっかりと受けている様子がわかります

結果的にスタートが最高値となり
その後は戻しの下落
そして中盤以降はレンジとなっております

窓を埋めるほどの戻しは発生しておりませんので
まだ上昇圧力も残されていると判断できます

結果的に昨日は中盤以降レンジでしたので
強いトレンドは発生しておらず、方向を悩んでいる状況です

今日の注目点は

上値抵抗線 1.0905ラインでして
このラインを越えてくると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
一時的な上昇で終わることもありますので
損切り設定を入れることは忘れないようにしたいところです


逆に下方向ですが
下値抵抗線 1.0830ラインに注目しております
このラインも元々注目していたラインではありますが
昨日のレンジ下限ラインにもなっております

このラインを割れてくると下降圧力の発生を期待しております

下降圧力が発生した際の最初の目標値は日足+1σライン付近で見ています
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待できる大事なラインとして意識しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170423

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足陽線ではありますが
1時間足を見るとトレンドは発生しておらず
結果的に陽線となった展開となっております

先週木曜日は4月の最高値を更新したものの
結果的に戻してしまいまして長い上ヒゲのローソク足を形成しております
これはヒゲの先に上値抵抗線の存在を示しておりまして
ちょうど、日足+1σラインと重なっていますので
今後の上値抵抗線として注目しております

逆に下方向ですが
金曜日も前半は下攻め展開ではありましたが
底固さも見えています
1.0680付近が直近の下壁となっていますので
このあたりに注目しております

つまり、上壁の下壁の比較的わかりやすい展開ですので
どちらかのラインを割れることで今後の変化について察知しやすいと思います

尚、このレポートはフランス大統領選挙第一回目の結果が出る前に書いていますが
サプライズがあると今日の前半で変化が発生してくる可能性もあります

更に今週25日は北朝鮮の朝鮮人民軍創建85年の記念日にあたります
この付近でアクションがあると為替に影響が出る可能性がありますので
注視したいところです

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170423

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170420

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

一昨日の英国総選挙表明で動きが出た
ポンドとユーロではありますが
昨日は一段落した値動きとなりました

とはいえ、強い戻しまでは発生しておりません

ユーロドルは一昨日の値動きで上方向に変化が発生しまして
昨日の
着目点は1.0700ラインでした

昨日はどちらかというと下降の方に傾きましたが
最安値が1.0700ラインでピタッと止まっておりますので
想定通りの展開となっております

ただ、今朝の時点でもこのラインに対してアタックを仕掛けている状況ですので

今日のこのラインの攻防で方向を見極めたいと思います

大きな読み方は昨日と同様でして

1.0700を基準線と考えており
このラインをキープしている間は上昇圧力継続で見ています

次の目標値を日足+1σライン付近で見ております

逆に1.0700ラインを割れてきますと
昨日の上昇への戻しを読み取れますので
再度レンジ幅内に戻るケースを想定しております

ラインをキープできるかどうか見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170420

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170419

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日は上方向に変化がありました
1つサプライズがありまして
英国で総選挙表明があり
ポンド買いに反応しております
それにつられてユーロも反応しておりまして
結果的に上昇しております

チャート上ではレンジ上限1.0675
を越えましたので
このことにより上方向への変化をいち早く察知することができたと思います

昨日の上昇の勢いで次の目標値 1.0700を越えてきましたので
今日のポイントはこの上昇力がいつまで継続するのかを見ていきたいところです

1.0700を基準線と考えておりまして
このラインをキープしている間は上昇圧力継続で見ています

次の目標値を日足+1σライン付近で見ております

逆に1.0700ラインを割れてきますと
昨日の上昇への戻しを読み取れますので
再度レンジ幅内に戻るケースを想定しております

ラインをキープできるかどうか見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170419

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170418

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

大きな動きは発生しておりませんが
どちからというとドル売り優勢の展開となっております

日足スパンで見ますと
4月前半までは3月から継続している下降トレンドに乗った展開ではありましたが
中旬に入るとレンジ展開へと変わっております

まだ上昇へ転換している状況ではありませんが
底打ち感があります

近々の値動きではレンジになっておりますので
今後の方向を悩んでいる状況と判断です

ここで大事な事はレンジ幅を見極めることです

直近1週間を見ますと
レンジ上限 1.0675
レンジ下限 1.0570

この範囲内で推移しております

今後このどちらかをブレイクすることで
流れに変化のキッカケになりやすいと思います

上方向にブレイクした際は次の目標値を
1.0700 付近
で見ています

この壁よりも上の範囲では上昇圧力優勢を期待できますので今後の注目ラインとして見ています

逆に下方向に反応に反応した際ですが

第一下値抵抗線 1.0570
を意識しております

このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待し

その次の目標値を1.0500付近で見ています

近々でどこまで動くはわかりませんが
まずは現状のレンジブレイクをしっかりと見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170418

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170414

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

下がってしまいましたね
一昨日の上昇によりやや変化を期待したいところでしたが
指摘しましたように上昇は長続きしませんでした
やはり、現在の日足レベルでは下降トレンド中ですので
よほど強い力がないと上昇転換へは難しく
昨日のように再下落が順当な展開と言っていいでしょう

昨日下落により最初のポイントである日足ー1σラインをやや割れたところで
クローズしましたので
今日はこのラインに注目しております

日足ー1σラインよりも下の範囲では下降圧力継続中で見ておりまして

次の目標値を
第一下値抵抗線 1.0570
として
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待し

その次の目標値を1.0500付近で見ています


逆に日足ー1σラインを越えると下降圧力の弱まりを期待しておりますが
即ロングというほどではありません

上昇反応した際は
第一上値抵抗線 1.0675
第二上値抵抗線 日足平均線

このあたりに注目しております

ただし、現状でのメインの狙い目はある程度上昇してからの再下落待ちとなりますので
このあたりもポイントとして持っておきましょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170414

(チャートをクリックすると拡大されます)









日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170413

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

後半の動きが出てきましたね

この上昇によりプチ変化が発生しております

昨日は中盤まではレンジを継続させていましたが
後半の上昇圧力により指摘しました上値抵抗線 1.0630
を越えてきました

越えると同時に上昇圧力に勢いを増し1.067台まで上昇しております

今日のポイントはまずはどこまで上昇するのかでしょう

順当にいけば次の目標値は日足平均線付近で見ていますし
このラインを越えると日足レベルの下降トレンドに対しても変化を及ぼす影響があると思います

ただ、すぐにそれが達成できるかは微妙です

現在の日足は下降トレンド中ですので
今回の上昇は一時的で終了する可能性も十分あります

そういう意味では戻り売りも重要な狙い目となるでしょう
特に日足平均線付近で抵抗を受けやすいですので
このライン付近の攻防にも注目したいと思います

また、日足ー1σラインを割れることで下降圧力の再燃が期待できますし
更には

第一下値抵抗線 1.0570
を割れてくると下降圧力の強まりを期待し

次の目標値を1.0500付近で見ています

今日の展開でどこまで動くかはわかりませんが
まずは現在の上昇圧力がどこまで続くのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170413

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170412

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

一応は上方向にアタックを仕掛けている形ではありますが
今の段階では力強さはない状況です

昨日のレポートで指摘しましたように
上昇反応は一時的で終了しました

日足ー1σラインを一時的に越えることができたのですが
その状態をキープできずに
今朝の時点では日足ー1σラインよりも下の範囲に位置しております

先週金曜日までは下降圧力優勢で
日足レベルで下降トレンドを形成しておりましたが
今朝の時点でか下降トレンドは有効と判断できます

1時間足で見る限りでは今朝の時点で強い方向は定まっていない状況です

上方向には
第一上値抵抗線 1.0630
付近を意識しておりまして
このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
昨日同様に一時的な上昇で終わってしまうケースも想定していますので
ロングを取る際は必ず損切り設定を入れるようにしましょう

上昇圧力が波に乗れれば次の目標値を日足平均線あたりで見ています


逆に下方向に反応した際ですが

第一下値抵抗線 1.0570
付近を意識しております

このラインを割れると下降圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を1.0500付近で見ています

このラインは直近安値の大事なラインです
場合によっては反発もあり得ますので注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170412

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170411

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

1時間足を見てもほぼ動かずの展開になっております

昨日のポイントは金曜日に発生した下降圧力を継続できるかどうかでした

金曜日のポイントとして日足-1σラインを割れてきましたので
まずはこのラインブレイクを維持できるのかどうかですが
昨日は上方向に向かうものの日足ー1σラインが上値抵抗線として阻止しておりました
その結果、レンジ展開になっていると思います

ですので、日足下降トレンドは継続中で見ています

今日も日足ー1σラインには注目でして
このラインを越えると下降圧力の弱まりが読み取れて
ロングチャンスも出てくると思いますが

一時的な上昇で終わるケースも想定されますので
深追いはしないようにしましょう

1.0700を越えると本格的な上昇圧力を期待したいと思いっております

逆に日足ー1σラインよりも下の範囲を維持している間はショート軸で見ておりまして
次の目標値を1.0500付近で見ています

このラインは直近安値の大事なラインです
場合によっては反発もあり得ますので注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170411

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170410

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

ようやく動きが出てきた展開となっております

先週はレンジ傾向が強く
特に下値抵抗が効いていたのですが
金曜日の展開でブレイクしてきました

特に注目していたのが
日足ー1σラインでして
金曜日はこのラインを割れてきましたので
下方向に変化が出ております

今日の課題はこのラインブレイクを維持できるかどうかです

金曜日は雇用統計がありまして
発表後は一時は上昇に振れながらも
結果的にドル買いに反応しております

ただ、雇用統計の割には動きが乏しく勢いに掛ける部分がありますので
今日の値動きには注意が必要だと思います

日足で見ますと一応は下降トレンドを継続しておりますので
基本はショート軸です

課題として日足ー1σラインよりも下の範囲をキープできるかどうかで見ています

キープできれば、下降圧力継続中でして
次の目標値を1.0500付近で見ています

このラインは直近安値の大事な抵抗線ですので
重視しております

抵抗を受けて反発する可能性もあり得ますので注視しましょう

逆に、日足ー1σラインを越えると
今の下降圧力の不安定さが読み取れますので
ロングチャンスも出てきますが

一時的な上昇で終わるケースも想定されますので
深追いはしないようにしましょう

1.0700を越えると本格的な上昇圧力を期待したいと思いっております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170410

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170407

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

結果的にやや下降気味の展開ではありますが
引き続きのレンジ展開となりました

今週はレンジ週と言って良いほど動きの乏しい展開となっております

日足で見ますと先週からの下降トレンドは途切れていませんので
した歩行にアタックを仕掛けている形ではありますが
抜けきらない状況です

今後下方向への変化を読み取れるキッカケとして
日足ー1σラインを割れることで最初のキッカケが掴み取れやすいと思います

その先には1.0500ラインの存在があります
このラインは重要な下値抵抗線ですので
今後のポイント値になりやすいでしょう


逆に上方向ですがまずは 1.0700 付近を最初の上値抵抗線として意識しております

これだけでどこまで上昇するかは微妙ではありますが
次のポイントとして日足+1σライン付近を目標として見ています

なかなかレンジから抜けれない状況ではありますが
「米中首脳会談」「雇用統計」
が今日の重要ワードとして注目しています


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170407

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170405

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

全体的にはレンジ展開となりました

昨日のレポートで指摘したレンジ幅に沿った展開となっておりますので
ほぼ変化無しの値動きとなっております

その一方で、ドル円、ユーロ円はそれなりの短期下降圧力が発生しておりますので
ドル売り、ユーロ売りの展開になっている様子がわかります

どこまで継続するのかわかりませんが
今はドルとユーロの均衡を保っている状態です

昨日も指摘しましたように
まずは現状のレンジをブレイクすることで次の動きを察知することができるでしょう

ポイントは昨日と同様でみています

今のレンジ展開として

上限 1.0700
下限 1.0640

この狭い範囲で揉んでいる状況です

このどちらかのラインを割れることで最初の変化を読み取れると思います

下方向に反応した際の目標は
下値抵抗線 1.0600付近を
意識しております

逆に上方向に反応した際は
日足+1σライン付近を目標として見ています

まずはレンジブレイクが最初のアクションとしてみていますので
このあたりに注目したいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170405

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170404

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

終日ほぼレンジ展開となりました

動くには材料不足の展開となっております

昨日の解説しましたが
最近の動きとしては下降トレンド中の展開ではありますが
やや勢いが落ちてきた感があります

とはいえ、上昇する要因もない状況です

しかし、基準線の日足平均線よりも下の範囲はキープしておりますので
まだ下落の可能性はあります

今のレンジ展開として

上限 1.0700
下限 1.0640

この狭い範囲で揉んでいる状況です

このどちらかのラインを割れることで最初の変化を読み取れると思います

下方向に反応した際の目標は
下値抵抗線 1.0600付近を
意識しております

逆に上方向に反応した際は
日足+1σライン付近を目標として見ています

まずはレンジブレイクが最初のアクションとしてみていますので
このあたりに注目したいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170404

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170401

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

一応陰線ではありますが
終日ほぼレンジ展開となりました

ただ、日足平均線を割れてきていますので
プチ変化は発生しております

1時間足で見ますと
3月28日から下降トレンドが継続中ですので
このあたりも着目点となるでしょう

今週初めの課題としてどこまで下降トレンドが継続するのかを見ていきたいところです

今日は日足平均線を基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲ではショート軸継続で見ています

次の目標値は1.0600付近で見ています

ロング目安は難しいところではありますが
金曜のレンジ上限1.0700付近を最初の上壁として意識しております

このラインを越えると上昇期待でありますが
下降トレンド中ですので
一時的な上昇で終わる可能性も十分ありますし
逆張りとなりますので
エントリーと同時に損切り設定を入れることが必須条件となります

週初めでもあり、4月最初のトレード日でもありますので
今日はこのあたりに注目しながら方向を探っていきたい思います

月が変わりますので相場の流れもガラッと変わることもありますので
まずは見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170403

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170331

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

3営業日続けての陰線を形成しておりまして
比較的幅のある下落となっております

先週末から今週月曜日にかけては強い上昇力が発生し
今年最高値を更新したのですが
やはりこの状態をキープすることは難しかったですね

選択肢であった上壁付近からの反落の結果となりました

私の読み方としては1.0830を基準線としておりましたので

このラインを割れて、更には日足+1σラインを割れることで
下降圧力の強まりを読みましたね

その延長線上で昨日までの下落に繋がっております

さて、昨日の下落では日足平均線にまで到達しております
今日はまずこのラインの攻防で方向を読み取りたいと思います

このラインを割れてくると下降圧力の更なる強まりを期待しておりまして

次の目標値は1.0600ライン付近
その次は1.0570ライン付近で見ています

逆に日足平均線を割れなければ小反発も想定できる場面とも見ています
この場合は日足+1σライン付近を最初の目標値として見ています

今日は月末日ですので
月末調整の動きも期待できるところです

しっかりと方向を読み取りましょう

まずは日足平均線の攻防からです!

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170331

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170329

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

中盤までは昨日から続いている
1時間足のレンジを引きずっていましたが

NYに入ってから方向が付いてきた感じです

一連の流れについては短時間のレンジ下限である 

1.0845付近を割れて、更に私が指摘した1.0830を割れてことで
下方向への変化が読み取れています

今朝の時点では1時間足で下降トレンド継続中ですので
どこまで下降するのかを見ていきたいところです

方向を見定めるポイントとして
1.0830ラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲ではショート軸継続で見ています

この場合は次の目標値を日足+1σ付近で見ておりまして
ここを割れてくると、短期で強い下降トレンドの発生を期待できる気配を感じています

逆に上方向ですが

今週の最高値 1.0905付近は
重要な上壁として意識しておりますが
その手前に短期の上壁 1.0870 の存在があります

上昇期待をするには
まずはこのラインを越えることが最初の課題ではありますが
1.0905ラインは重要は上壁ですので
反落する可能性も選択肢として持っておきたいところです

今日は
まずはどこまで下降するのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170329

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170328

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

1日の流れとしては上昇圧力優勢の展開となりました

昨日の上昇により指摘しました上値抵抗線1.0830を越えましたので
変化を読み取れたと思います

このラインはかねてより強調しておりまして
何度か高値が止まるほどの重要ラインではありましたが
越えることで上昇圧力が強まり
一気に1.0900付近まで上がっております

この瞬間で今年の最高値を更新しましたので
その重要さがわかると思います

昨日の終盤は戻しかけていますので
まずはどこまで戻すのかを見ていきたいところではありますが
まだ本格的なショート軸の場面ではないように思います

1.0830を再度割れることで短期で下降圧力の強まりを期待したいと思いますが
日足では上昇トレンド中ですので
押し目買いが基本方針となりますので
過度な下降期待は今の段階では持たない方がいいでしょう

逆に上方向ですが
昨日の最高値 1.0905
は近々の上値抵抗線として意識したいところです

ここを越えると次の抵抗線を1.1000のレートの節目で見ています

そろそろ月末の調整で大きく動く場合もあります
まずは方向をしっかりと読み取るようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170328

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170326

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

1時間足をみてると
大きなトレンドは発生しておりません

金曜日の米国の話題はオバマケアでして
トランプ大統領の公約で撤廃をあげておりましたが

金曜日は代替策も取り下げる形となりまして
結果的にトランプ大統領の実行力に不安がよぎってきている状況です

その結果、ドル売りに反応したのが金曜日の展開です

とはいえ、大きな変化には至っておりません

これまで解説しましたように
ユロドル日足は短期で上昇トレンド中ですので
トレンドの流れに準じています

しかし、重要な上値抵抗線 1.0830
に近いところですので
上値抵抗も受けている状況です

金曜日の終盤ではレンジ展開となっておりますので
強い方向は付いていませんので
今日は方向を見極めるところから見ていきたいと思います

近々の1時間足はレンジ相場となっておりますので
上値抵抗線と下値抵抗線の存在を意識するようしましょう

上値抵抗線は前述のように1.0830ラインを意識しております

下方向は
第一下値抵抗線 1.0760
あたりを最初の抵抗線として意識しております

その次に
第二下値抵抗線 1.0715
を意識しておりますが
このラインを割れると下方向に流れが変わりやすい
重要な目安として考えております

このあたりを今週前半の変化発生の目安にされるといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170327

(チャートをクリックすると拡大されます)