未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170821

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

とはいえ、大きな変化は発生しておりません
金曜日のレポートで解説しましたように
最近の流れにとしてはレンジ展開が続いております
金曜日もレンジの範囲内での推移となっております

ユーロドルは今月初めまでは日足で強い上昇トレンドを形成しておりました
その頃に比べると、現在は上昇力は落ちておりますが
下降圧力の発生には至っておりません

その結果、レンジが続いている状況です

再上昇の可能性もありますし、下降に勢いが発生する可能性もある状況ですので
どちらも選択肢を持っておきたいところです

今はレンジ中ですので
レンジブレイクでパワーバランスの崩れるキッカケを判断したいと思います

下方向は
第一下値抵抗線 1.1660
第二下値抵抗線 1.1600

で見ております
特に1.1660はレンジ下限として意識しているラインですので
このラインのブレイクは重要としています

上方向はこれまで通りで見ています


第一上値抵抗線 1.1800
第二上値抵抗線 1.1850

を意識しております

その上には直近高値 1.1910ラインの存在がありますので



変化発生ポイントは見逃さないようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070821

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170818

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日は割とメリハリのある展開となりましたね
昨日のレポートで指摘しましたように
昨朝の時点では1時間足で上昇トレンド中でして
その流れを継続して上方向にアタックを仕掛けました

しかし、上昇力は限定的で指摘した上値抵抗線のやや手前でストップしております

その後は反落展開となりまして比較的強い下降圧力が発生しております
目標値としておりました1.1680まで勢いよく下落をしたのですが
このラインを瞬間的に割れたところで下降の勢いは止まってしまいました

その後の
深夜には小反発の展開へと変わっております

このようにメリハリはあるものの指摘した抵抗線付近で高値も安値も止まっておりますので
レンジ継続と見ています

下方向は少し修正を加えたいと思います

第一下値抵抗線 1.1660
第二下値抵抗線 1.1600

で見ております
特に1.1660はレンジ下限として意識しているラインですので
このラインのブレイクは重要としています

上方向はこれまで通りで見ています


第一上値抵抗線 1.1800
第二上値抵抗線 1.1850

を意識しております

変化発生ポイントは見逃さないようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070818

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170817

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

期待通りの反発展開となりましたね

昨朝の時点では方向付かずの状況でありましたので
上下抵抗線の位置を指摘しました

ですので、上下両方とも可能性はありましたが
メインの狙い目はある程度下降してからの再上昇待ちであることを
前提にしていましたね

更には下値抵抗線を1.1685付近で狙っておりましたが

昨日は中盤までの下降圧力で 1.1680付近で最安値を記録して
その後は上昇へと流れを変えております

ほぼ狙い目通りの展開となっております

この結果を踏まえると

日足では上昇トレンド継続中
1時間足でレンジ中といえます

1時間足のレンジ幅をしっかりと押さえておきたいのですが

1時間のレンジ上限 1.1800
1時間のレンジ下限 1.1680

ここは押さえておきたいと思います

このいずれかをブレイクすることで次の変化を読み取れるポイントとして見ています

特に今朝の段階では1時間足で上昇トレンド中ですので
まずは上方向へのアタックから始まります

日足を見ますと
第二上値抵抗線 1.1850

を次の抵抗線として意識しておりますので
参考にしていただけましたら幸いです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070817

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170816

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

一昨日も陰線を形成しておりまして
その流れを昨日も継続した格好となっております

流れが変わったかのように錯覚を起こしがちですが
実はしっかりと下値抵抗線で止まっております

昨日のポイントは1.1700ラインです
このラインは下値抵抗線としてこれまでレポートでも何度も触れてきましたが
現状では日足平均線とほぼ重なっておりますので
ダブルの下値抵抗線として意識しております

昨日も中盤に下降圧力が発生しましたが
結局、日足平均線付近で止まってしまい
小反発へと流れを変えております

ただ、今週だけを見ると下方向にアタックを仕掛けておりますので
更なる下落もあり得る状況ではあります

その最初の切り口が日足平均線割れと見ていますので
基準線として押さえておきたいところです

その一方で日足の長期では上昇トレンド中ですので
過度な下降期待よりも
ある程度下降してからの再上昇待ちがメインの狙い目として見ております

ですので、現状の下落は短期下降圧力として探る方が賢明に思いますし
下がった後の再上昇も狙い目として持っておきたいところです


今朝の時点では1時間足でレンジ中ですので
方向を見ていきましょう

今日は
第一上値抵抗線は1.1770
第二上値抵抗線 1.1850

下値抵抗線 1.1685

このあたりを意識しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070816

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170814

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりのハッキリした陽線となっております
日足では上昇トレンド中ですので
トレンドに沿った展開ではありますが
先週は下方向にアタックを仕掛ける場面が多かったですので
金曜日の上昇は目新しさがあります

ポイントは1.1780ラインでして
金曜日の前半は何度かこのラインで高値が止まっておりますので
やはり上値抵抗線として効いていたことが確認出来ております

このラインを越えることで上昇圧力の勢いが付いている様子も読み取れております

金曜日の終盤では1時間足で上昇トレンド継続中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

ポイントは
1.1800ラインを基準線として見ております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ておりまして
次のの目標値を1.1910付近で見ております

逆に1.1780を割れてくると上昇圧力の弱まりは読み取れますが
極端な下降は期待しない方がいいでしょう

近々の流れでは1.1700が下値抵抗線として有効ですので
下降圧力が発生した際はこのラインに注目しております

現状ではある程度下降してからの再上昇待ちが基本方針ですので
これを軸に組み立てていきたいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070814

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170811

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

昨日の1時間足を見ますとメリハリのある展開であったことが読み取れます

実は、上値抵抗線も下値抵抗線もしっかりと効いていますので
指摘した通りの展開となっております

昨日の注目点は

上は日足+1σライン(1.1780付近)
下は1.1700ライン付近

に注目しておりました

前半の上昇
中盤の下降
終盤の上昇

いずれもこの上抵抗線が効いた展開となっております

特に中盤までの下降圧力からそれ以降の上昇の流れに関しては
これまで狙い目をして推奨しておりました押し目買いポイントととして
ドンピシャなところで跳ね返っております

そして、目標値に達しておりますので良い目安になったと思います


今朝の時点では1時間足で上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

上値抵抗線としては1.1780ラインと日足+1σラインがダブルで効いていますので
これらを今日の基準線として見ています
このラインよりも上の範囲ではロング軸中心で見ていますが
越えても一時的な上昇で終わるケースもありますので
リスク管理はしっかりとしましょう

また、直近の動きでは
上は日足+1σライン(1.1780付近)
下は1.1700ライン付近

この範囲でレンジとなっておりますので
小反落する可能性もあり得ます

ただ、日足では上昇トレンド中ですので
上値抵抗線付近からのショートはリスクが高くなるでしょう

そういう意味では昨日のようにある程度下降してからの再上昇待ちがメインの狙い目として考えております

下降圧力が発生した際は1.1700を抵抗線として意識しておりますので
この付近からの反発も狙い目として持っておきたいところです

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070811

(チャートをクリックすると拡大されます)









日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170810

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では同値線に近い陽線を形成しております

昨朝の時点では下方向にアタックを仕掛けている状態を指摘しまして
どこまで下落するのかが最初の課題でした
最初の目安として 1.1700ラインを注視していましたが

昨日の最安値は見事にこのラインにタッチして
流れを上昇に変えております

この後の深夜の展開では緩やかな上昇トレンドを形成しておりますので

今日の前半の課題はどこまで上昇するのかでしょう

上昇といっても先週末からの短期間の下降圧力ですので
戻すかどうかの見極めとなります

上昇圧力が強まる目安として
まずは日足+1σラインに注目しております

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を1.1820付近でみております

このラインを越えると更に上昇圧力の強まりを期待しておりまして
波に乗れれば1.1910付近まで噴き上がる可能性もあるでしょう

逆に日足+1σラインを越えられなければ
レンジの継続
または、再下落の可能性も考えております

特に1.1700を割れてくると可能圧力の強まりを期待しておりますので
このあたりを変化発生の目安にするといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070810

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170809

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

日足で陰線を形成しております

直近だけの値動きをみますと
下降圧力が優勢となっております

長期も中期も上昇トレンド中ですので
そういう意味では現在の下降圧力は今後にとって大事な展開とも言えるでしょう

最近の傾向としては
欧州が強くドルが弱い展開でユロドル上昇となっておりましたが
先週金曜日の雇用統計が予測よりも強い結果であったために
ドル買いが先行しております

ここで流れが変わってきた様子が読み取れております

昨日のポイントは下値抵抗線として意識しておりました
日足+1σラインを割れたことにあります

このラインを割れることで下降圧力発生の目安としておりました

今日のポイントは下降圧力がどこまで続くのかでしょう

日足+1σラインを基準線として見ておりまして
このラインよりも下の範囲では下降圧力継続中の目安としております

この場合は次の目標値を1.1700ラインで見ております
このラインを割れると下降更なる下降圧力の強まりを期待しておりますが
中長期で上昇トレンド中ですので、過度な下降期待は禁物でしょう


逆に再上昇も狙い目として持っておきたいところです

日足+1σラインを越えてくると再上昇の気配発生で見ています
また、最近の傾向としては1.1830付近で短期の高値が止まっておりますので
このあたりも上値抵抗線の目安として見ていきたいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070809

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170806


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

日足で陰線を形成しております

久々の強い陰線となりましたね

この原因は雇用統計発表でした
今回の発表では雇用者数が予測より強めであったことから
ドル買いに反応しております

ただし、失業率と平均時給は予想通りでしたので
この先まで勢いが継続するかは未知数のところです

1時間足チャートをみますと
金曜日の終わりかけでは、やや反発気味の展開になっておりますので
今日の午前中はどちらに傾くのかは微妙なところです

金曜日は下降圧力が強く働いたものの
目安としておりました日足+1σ付近でピタッと止まってしまいましたので
今日はこのラインを基準線と見ています

このラインよりも下の範囲であれば下降圧力継続中でして
次の目標値を1.1700付近で見ております

逆に日足+1σラインよりも上の範囲では
反発目線で見ています

動きの発生直後ですので
まずは方向を見定めていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070806


(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170804

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足で陽線を形成しております

とはいえ大きな動きは発生しておりません

昨日のレポートで指摘した上値抵抗線を越えることも出来ておりませんし
戻しも発生しておりませんので
変化ナシのエントリーポイントもナシの状況です

今日の雇用統計を控えての様子見感が強いように見えます

昨日はあまり動きませんでしたが、今日は動くかもしれませんので油断しないようにしましょう

動き発生を読み取れるポイントは昨日同様に見ております


一昨日の展開では1時間足チャートで1.1910付近に上ヒゲがでておりますので
近々ではここを上値抵抗線として見ていきたいところですが
昨日同様に越えても一時的な上昇で留まるケースも想定したいところです

また下方向では引き続き1.1780ライン付近に注目しております
このラインを割れることで短期下降圧力の発生を期待しております

この場合の狙い方の注意は短期下降圧力発生であっても
日足では上昇トレンド中ですので深追いは禁物です
エントリーと同時に損切りを入れるリスク管理をしっかりとしましょう

また、下降圧力発生の際は
第二下値抵抗線 日足+1σライン
第三下値抵抗線 1.1700

を視野に入れています

ただし、メインの狙い目はある程度下降してからの再上昇待ちですので
このあたりも意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070804

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170803

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

日足で陽線を形成しております

日足トレンドに沿った形となっております
直近1か月を振り返ると陰線が続く事は少ないですので
昨日もその流れに準じた展開となっております

昨日はポイント値しておりました
上値抵抗線 1.1850を越えることで
上方向への勢いを読み取れましたが

想定通りの長続きしない上昇圧力となっております

現状では天井の見えない状況ですので
新規ロングのタイミングが難しく
取る場合であってもリスク管理をしっかりとしないといけない状況です

昨日の展開では1時間足チャートで1.1910付近に上ヒゲがでておりますので
近々ではここを上値抵抗線として見ていきたいところですが
昨日同様に越えても1次的な上昇で留まるケースも想定したいところです

また下方向では引き続き1.1780ライン付近に注目しております
このラインを割れることで短期下降圧力の発生を期待しております

この場合の狙い方の注意は短期下降圧力発生であっても
日足では上昇トレンド中ですので深追いは禁物です
エントリーと同時に損切りを入れるリスク管理をしっかりとしましょう

また、下降圧力発生の際は
第二下値抵抗線 日足+1σライン
第三下値抵抗線 1.1700

を視野に入れています

ただし、メインの狙い目はある程度下降してからの再上昇待ちですので
このあたりも意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070803

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170802

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足で陰線を形成しております

月曜日の展開で上値抵抗線越えて
直近高値を更新したのですが
長続きはしませんでした
昨日はやや戻しの展開となっております

ただ、昨日の下降も限定的でして
ほぼレンジ相場であり結果的に下降となっている状態です

また、ポイント値しておりました
下値抵抗線 1.1780を割れておりませんので
下方向への変化は発生しておりません

今日も引き続きこの抵抗線は意識したいところです

1.1780を割れることで下方向への変化は読み取れますが
日足では強い上昇トレンド中ですので
どこまで戻すのかは未知数です

とはいえ、基本方向は押し目買いですので
ある程度下落することで次が狙いやすくなる状況でもあります

下方向に勢いが付いた場合は次の目標値を1.1700付近で見ております

逆に上方向に反応した際ですが
直近高値 1.1850をポイント値としておりますが
抜けた場合はどこまで勢いが続くのかは未知数でして
短期の上昇で終わることも十分あり得ますので
追いかける場合は深追いはしないように注意したいところです

今週金曜日の雇用統計も控えていますので
様子見相場も想定されますが
何が起こるかわかりませんので
変化発生ポイントは押さえておきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070802

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170728

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

日足で陰線を形成しております

一昨日の長い陽線に対して戻しの展開となっております
一昨日はFOMCとオバマケア代替法案が上院で廃案になったことを受けて
ドル売りに反応しております

チャート上ではその勢いで上昇に反応し
上値抵抗線 1.1700
を越えて直近高値を更新したのが
一昨日の展開です

昨日は戻しの圧力が発生し
1.1700ラインを再割れしてきましたので
やはり1.1700を維持できるかどうかはポイントになりそうです

昨日の1時間チャートを見ますと
前半の上昇と中盤以降の下降により山を形成しております

山の頂点は今後の上値抵抗線として意識したいところです


逆に下方向では
現状では1.1615付近に下値抵抗線の存在が確認出来ておりますので
やや下に日足+1σラインの存在もありますので

このダブルラインを割れると短期で下降圧力発生の期待が持てる
最初のキッカケとして見ております

但し、今の状態でのショートは逆張りですから
必ずエントリーと同時に損切り設定を入れたいところです

何度も言いますが一時的な下落で終わる可能性も十分あり得ますので
用心は必要です


基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを中心に狙っていきたいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170728

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170726

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足で同値線を形成しております

流れとしてはトレンドに沿った上方向にアタックを仕掛けている展開ではありますが
指摘しておりました上値抵抗線1.1700付近でピタッと止まっており
ここを山の頂点として戻しの展開になっております

とはいえ、昨日から今日の変動幅は大きくありませんので
結局はレンジと言っても良いほどの展開となっております

ですので、今日の方針もほぼ昨日同様と考えております

今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
まずはどこまで戻すのかを確認したいところです

現状では1.1615付近に下値抵抗線の存在が確認出来ておりますので
このラインを割れると短期で下降圧力発生の期待が持てる
最初のキッカケとして見ております

但し、今の状態でのショートは逆張りですから
必ずエントリーと同時に損切り設定を入れたいところです

何度も言いますが一時的な下落で終わる可能性も十分あり得ますので
用心は必要です

期待値としては日足+1σ付近まで一旦下がることで
押し目ポイントが掴みやすいと見ています


上方向は昨日同様に1.1700付近に上値抵抗線の存在がありますので
このあたりも十分意識したいところであります
抜けた際は一時的な上昇で終わるケースも十分あり得ますので注意したいところです

基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを中心に狙っていきたいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070726

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170725

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足で陰線を形成しておりますが
限定的な値動きとなっております

また今朝の時点では1時間足でレンジ中となっておりますので
ここからも方向付かずの状態が読み取れております

このような場合はレンジ幅をしっかりと把握しておきましょう

近々でのレンジ幅は
上値抵抗線 1.1685
下値抵抗線 1.1615

このあたりを意識しております

レンジブレイクすることで変化発生に目安になりやすいと思います

ただし、今までの解説の通りで
直近高値圏内でのレンジですので
上方向に抜けた際は一時的な上昇で終わるケースも十分あり得ますので注意したいところですし
1.1700付近に上値抵抗線の存在がありますので
このあたりも十分意識したいところであります

基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを中心に狙っていきたいと思います

そういう意味ではある程度下降するところをショートで狙うのもアリですが
この場合は限定的な下落で終わる可能性が高いですので
あくまでも「一時的」な狙い方を推奨いたします

また、今の状態でのショートは逆張りですから
必ずエントリーと同時に損切り設定を入れたいところです

現状では1.1615付近に下値抵抗線の存在が確認出来ておりますので
このラインを割れると短期で下降圧力発生の期待が持てる
最初のキッカケとして見ております

但し、何度も言いますが一時的な下落で終わる可能性も十分あり得ますので
用心は必要です

期待値としては日足+1σ付近まで一旦下がることで
押し目ポイントが掴みやすいと見ています


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070725

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170723

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

結果的に日足で陽線を形成し、今年最高値を更新しておりますが
勢いに欠く展開となっております
やや上値が重たくなっているようにも見えます

とはいえ、下降圧力の発生はありませんので
ショート判断ではない状況です

日足トレンドではしっかりとした上昇トレンド中ですので
基本はロング軸ではありますが
現レート付近からの新規ロングはリスクが高いので控えたいところです

基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを中心に狙っていきたいと思います

そういう意味ではある程度下降するところをショートで狙うのもアリですが
この場合は限定的な下落で終わる可能性が高いですので
あくまでも「一時的」な狙い方を推奨いたします

また、今の状態でのショートは逆張りですから
必ずエントリーと同時に損切り設定を入れたいところです

現状では1.1615付近に下値抵抗線の存在が確認出来ておりますので
このラインを割れると短期で下降圧力発生の期待が持てる
最初のキッカケとして見ております

但し、何度も言いますが一時的な下落で終わる可能性も十分あり得ますので
用心は必要です

期待値としては日足+1σ付近まで一旦下がることで
押し目ポイントが掴みやすいと見ています


また、上方向ですが1.1700付近に上壁の存在があります
このラインは長期の上壁ですので重要な上値抵抗線とし意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070723

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201707212


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

中盤までは一昨日からの戻しの展開を継続しておりましたが
やはりECBで流れが変わりましたね

ユーロ買いに反応しております
それは
ユロドル 上昇
ユロ円 上昇
ドル円 レンジ

この流れを見てもユーロが強く変われている様子がわかります

チャート上に話を戻しますが
昨日のレポートで指摘しましたように
基本的な方針は押し目買いでした
昨日の場合は下値抵抗線として日足+1σラインに注目しておりましたが
見事にこのラインからの反発展開となっております

更には上値抵抗線として注目しておりました1.1615ラインをも越えてきましたので
ここからも変化発生を読み取る事ができております

結果的に今年の最高値を更新しております
現レートからの新規ロングはリスクが高いので様子を見たいところです

これまで同様に高値更新の際は一旦戻すところを待ちたいと思いますので

戻しの圧力が発生の際はショートも狙い目として持っていいですが
今の段階では一時的な下落で終わる可能性が高いですので
深追いはしないようにしましょう

基本方針はこれまで同様に押し目買いが軸と見ています

今日は変化発生の翌日ですので
東京市場からしっかりと見ていましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070721

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170720

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

昨日は戻しの展開となりました
一昨日は比較的強い上昇圧力が働きましたので
その戻しとも言えます

昨日は1日を通して下降圧力優勢ではありますが
まだ下方向への変化は発生していない状況ですので
特にショートポイントも発生していない状況に見えます

ただ、ポイント値である1.1500付近に近づいておりますので
今日はこのラインの攻防を見ていきたいと思います

更にその下には日足+1σラインの存在がありますので
両方のラインを割れることで下降圧力優勢の状況を読み取りたいと思います

ただし、日足では上昇トレンド中ですので
下降に対しては積極的ではなく一時的で見ておりますので
深追いは禁物でしょう


また、上方向においてはレートは今年の高値圏内ですので
最高値付近でのロングは控えたいところですので
ある程度下降してからの再上昇待ちを軸に狙っております

そういう意味では昨日は下降していますので
再上昇ポイントも押さえておきたいところです

欲を言えばもう少し下降して日足+1σラインを割れるほどになれば
次の再上昇を狙い易いと思います

まずは今日はどこまで下降するのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070720

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170719

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日は変化発生ですね
指摘した上値抵抗線1.1490と1.1500を越えることで
上昇圧力の発生が読み取れております

この動きによりチャート上では今年最高値を更新しております

この先はどこまで上昇するのか未知の領域ですので
現状からのロングはリスクが高いので推奨できません

この先には1.1615付近に長期の上壁の存在がありますので
注視したいところです

1時間足を見ると1.1585付近に山の頂点がありますので
このラインを越えると1.1615にアタックを仕掛けることも想定しております


基本方針としては
日足チャートでは上昇トレンド中ですのでロング軸ではありますが
ある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを軸に見ていきたいところです

1.1500ラインを1つの目安としておりまして
このラインを割れると戻しの作用の発生を期待しております

ただ、下落においては過度な期待は持たない方がいいでしょう
ここまで上昇基調できておりますので
ショートに対しては下方向には何層もの下壁のブレイクをその都度確認したいところです

まずは近々では1.1500ラインと日足+1σのブレイクを下降圧力発生の目安にしたいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070719

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170718

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では同値線に近い陽線を形成しております
直近1週間のみを見るとレンジ相場ではありますが
長いスパンで見ると高値圏内も揉み合っている状況で
上値抵抗線付近に位置しております

先週水曜日木曜日と一旦は下降圧力が発生しておりますが
先週金曜日と昨日の値動きで戻している状況です

やはり、上値抵抗線も重たい状況でして
先週からしてきしております 1.1490付近で
昨日も高値がストップしております

このラインは直近高値でもありますので越えるにはそれなりの力も必要でしょう

今朝の時点では1時間足で上方向に向いておりますので
まずは上方向へのアタックから見ていきたいところです

1.1490付近を今日の基準線としてみております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力優勢でロング軸で見ていますが
その先の1.1500もレートの節目として意識したいところです

これより先は直近高値更新ですので次の上値抵抗線が見えない状況ですので
ロングを取る際はリスク管理をしっかりとしたいところです

半分位の可能性で一時的な上昇で終わって戻してしまいますので
その点も考慮しておきたいところです

逆に下方向ですが

まずは、1.1430ラインを最初の下値抵抗線として意識しております
この壁を割れることで次を 1.1370 ラインを目標値としております
このラインは先週の安値ですので1つの目安になるでしょう

このラインを割れると1.1300を次の目標値として見ています



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070718

(チャートをクリックすると拡大されます)