未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180504

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりの陽線を形成しております

ただ、1時間足を見るとわかりますが
安定した上昇ではなく
昨日は上昇→下降→上昇
の波を繰り返す流れで
結果的に最後の波が上昇だったので陽線となっております

1時間足チャートそのものはレンジ展開となっております

ただ、昨朝までは下降トレンド中でしたので
そういう意味では流れに変化が出つつあるといっても良いかもしれません

とはいうものの、上昇へ転換したわけではありませんので
さらなる下落の可能性も視野に入れる必要はあります

現状では1.9350ラインが1時間足のレンジ下限となっておりますので
このラインを直近の下値抵抗線として意識しております

このラインを割れると直近安値更新となりますので
再度下降圧力の強まりを読み取れるラインと見ております

逆に上方向には何層もの抵抗線の存在があります

第一上値抵抗線 1.2000
第二上値抵抗線 1.2500
第三上値抵抗線 日足ー1σ

で見ております
これらのラインの攻防を1つずつ確認していきたいと思います

特に今日は雇用統計を控えておりますので
このタイミングで動く可能性がありますので注視しましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180504

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180503

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

引き続き下げ止まらない相場展開でして
直近安値を更新しております

しかし、1時間足を見ますと
極端に強い下降トレンドというよりも
上方向にアタックを仕掛ける場面もあるのですが
結果的に下降圧力が勝ってしまう状況になります

昨日のレポートでも解説しましたように
ショート軸でありながらも
現在値からの新規ショートエントリーは難しい状況にあります

基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちのショート狙いで見ております

今日は
第一上値抵抗線を1.2000付近
第二上値抵抗線を1.2050付近

でみております

これらをクリアすることで
ようやく日足ー1σラインにたいしてアタックする可能性が見えてきます
それほどまでに下降しきっている状況です

そして、日足ー1σラインを越えることで
今の下降圧力の一服感を読み取れると思います

この状態になるとエントリーチャンスも何度か発生してくると思います

今のようにトレンドにの乗ってしまっているときは新規エントリーは難しいですので
気を付けましょう


日本の連休中は夕方から動きが変わりやすいですので注意しましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180503


(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180502

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております


下げ止まりませんね
勢いを持って下落しておりまして
直近安値を更新しております

1時間足を見ますと
下降トレンドを形成しておりますので
まだ底は見えていませんので
どこまで下落するのかを見ていきたいところです

一方でドル円とユロ円のチャートを見ますと
対照的でして
ドル円は上昇トレンド、ユロ円は下降トレンドと
強いドル買い、ユロ売りになっていることがわかります

このことからも円主導ではないことはよくわかります

この状態が永遠に続くとは思えないのですが
今週は日本は連休ですが

米国のFOMC、雇用統計とビックイベントが重なっています

ここでさらにドル買いか失望のドル売りかで流れに変化が出る可能性があるように思います

ユロドルにおいてはこれ以上の下落に新規でショートエントリーするポイントは難しいですので
基本方針は戻り売りで見ております

まずは、1.2050ライン付近を最初の上値抵抗線として見ておりますので
このラインを越えると戻しの圧力を期待できるように思います

日本の連休中は夕方から動きが変わりやすいですので注意しましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180502

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180430

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週は下降圧力優勢に相場展開でして
直近安値を更新するほどの勢いがありましたが
金曜日に久しぶりの陽線を形成しております

とはいえ、油断はできない状況ですので
即ロングではなく慎重に吟味したいところです

日足だけを見ますとまだ下降トレンドからは抜けていませんので
基本方針はショート軸で見ておきたいところですが

1時間足を見ますと、金曜日後半の上昇により
チャート上で谷を形成しております

谷底が1.2050付近となっておりますので
このラインを近々の下値抵抗線として意識したいと思います

また、上方向ですが
まずは1.2200ラインを意識しております

このラインを抜けると反発気配が強くなる判断基準としておりまして
このラインを越えることで次の目標値である
日足ー1σラインを目指しやすいとも思います

ただ、今の方針はある程度上昇してからの再下落待ちですので
1.2200付近は戻り売りポイントともなりやすいラインとして意識していますので
上抜けするかしないかは大事な判断材料になりやすいでしょう

更に今日は月末日ですので
月の調整が入りやすい日となります
この動きに乗じて流れが変わることもありますので
上記のように変わり目の判断基準を見落とさないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180430

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180427

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

続落しておりまして
直近安値を更新しておりますので
変化アリの展開となっております

最近のレポートでの注目ラインは
1.2200ラインして
一昨日の下落によりこのラインを割れることで
変化発生を読み取れております
昨日の下落は変化発生の勢いをそのまま継続している展開となっております

また、昨日の中盤までのレンジでいったんは上方向にアタックを仕掛ける場面もありましたが
今度は1.2200ラインが上値抵抗線の存在になっておりますので
今後はこの点にも注目したいと思います

現状では日足短期で下降トレンド中ですので
まだ下降目線継続中ではありますが

現状からの新規ショートのタイミングは難しい場面でもあります
基本方針はある程度上昇してからの戻り売りを中心に狙っていきたいと思います

ただ、直近安値更新している場面ですので
反発上昇がいつ発生するのかわからない場面でもあります

目安として
第一上値抵抗線 1.2200ライン
第二上値抵抗線 日足ー1σライン

このあたりを意識したいと思います
特に日足ー1σラインを越えてくると
最近の下降圧力の弱まりを読み取れるポイントとして見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180427

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180424


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨朝のレポートでは
下方向にアタックを仕掛けている状態であることを指摘しましたが
やはり、その通りの展開となりました

昨日のポイントは日足ー1σラインでして
このラインを基準線として見ておりました

中盤まではこのラインで揉んでおりましたが
夕方にこのラインをブレイクすることで

下降の勢いを増しております


その勢いで次の目標値として定めておりました
1.2200ラインに到達しておりますので
とりあえずは目標値達成の感もあります

今日は1.2200ラインに注目しております
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを読み取れますが
いままでに何度かこのラインで反発しておりますので
その可能性も選択肢として持っておいた方が良いでしょう

特に、日足ー1σラインを越えてくると下降圧力の弱まりが読み取れますので
目安にするといいと思います

節目として大事な場面ですので
見落とさないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180424


(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180423

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

プチ変化が発生しております
先週半ばまではレポートで指摘しましたように
上方向にアタック仕掛けておりました

1.2400ラインに注目しまして
このラインに対しては何度かアタックを仕掛けておりましたが

この状況が長引くとエネルギーを失って下落する可能性も指摘しておりました
先週末はまさにその状況となっております

また、下方向には何層かの下値抵抗線の存在がありましたが
1.2300を割れるところまでいっておりますので
この点は変化発生と言えます

金曜日は日足ー1σラインで揉んでおりますので
今日はこのラインの攻防を見ていきたいところです

日足ー1σラインよりも下の範囲では下降圧力継続中で見ておりまして
次の目標値を1.2200ライン付近で見ております

ただ、このラインは重要ラインですので
ライン付近から反発する可能性もありますので
要注意です

逆に上方向ですが

1.2350付近に薄い上壁の存在があります
このラインを越えると次の目標値を再度1.2400付近で見ております

ただ、週末に北朝鮮のニュースが入っておりますし
G20も開催されていますので
この影響も見極めていきたいと思います





以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180422

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180419

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

市場毎の動きを見ても
強いトレンドが発生することなく
終日レンジ展開となっております

方向は上方向にアタックを仕掛けている状況ではありますが
抵抗を受けていますので
レンジ展開に見えているようです

今日のポイントは昨日と同様に見ております

引き続き
上値抵抗線 1.2400
に注目しております

このラインを越えることできると
上昇圧力の強まりを期待できまして次の目標値を1.2450付近で見ております


逆に下方向ですが
昨日は1.2335付近で安値が止まりましたので
まずはこの付近をプチ抵抗線として見ております

このラインを割れてくると
次の目標値である1.2300にアタックを仕掛けやすいと思います


更に1.2300を割れてくると日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けやすいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180419

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180418

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

一昨日の上昇を受けて
昨日は上方向へのアタックが最初のポイントでして
最初のポイントを1.2400ラインと指摘しておりました

予測通りに上方向にアタックを仕掛けるものの
1.2400ラインにタッチするやいなや反落に流れを転じております

やはりこのライン付近には上値抵抗線の存在がありますので
今日以降も上値抵抗線として意識したいと思います

このラインを越えることできると
上昇圧力の強まりを期待できまして次の目標値を1.2450付近で見ております


逆に下方向ですが
昨日は1.2335付近で安値が止まりましたので
まずはこの付近をプチ抵抗線として見ております

このラインを割れてくると
次の目標値である1.2300にアタックを仕掛けやすいと思います


更に1.2300を割れてくると日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けやすいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180418

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180417

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線をを形成しております

上方向に反応しましたね
昨日のレポートでは上方向に反応した際は
日足+1σラインに注目しておりました

今朝の時点ではまさにこのラインの攻防中といったところですので
まだ本格的な上昇圧力発生とまでは判断できないところです

先週は水曜日まで上昇圧力優勢で
木曜日に戻しの展開となりまして
短期の山を形成したのですが
昨日の上昇で先週の山に到達しておりますので

とりあえずは短期の目標は達成している状況です

この山を越えるとさらなる上昇が期待できるところではありますが
今朝の様子を見る限りでは可能性は半々でしょう

注目ラインは1.2400ラインでして
このラインをこえると短期の上壁を越えることができて
次の目標値を1.2450付近で見ております


ただ、先週のように反落する可能性もありますので
その点も視野に入れておきたいところです

下方向では
1.2300付近にサポートが入っておりますので
このあたりは近々の下値抵抗線とみております

このラインを割れてくると日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けやすいと思います

更に下降圧力が強まることで1.2200ラインに対してのアタックを期待しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180417

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180416

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線をを形成しております

週末の時点ではほぼ動かずの展開になっております

しかし、日曜日に大きなニュースが飛び込んできました
米英仏の連合軍がシリアに対して
攻撃を仕掛けましたので
今日の為替のどこまで反応するかです

通常の流れですと
地政学リスクからの円買いに反応しやすいのですが
ロシアの出方にもよると思います

そういう意味では
クロス円に反応が出る可能性が高いでしょうし
ユロドルの値動きも見逃せないところです

今のところはレンジではありますが
上下どちらに振れる可能性もありますので
チャートを注視しましょう

上方向は
日足+1σラインに注目しておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ております

上昇圧力が継続した際は次の目標値を
1.2450付近で見ております
このラインも重要ですので
場合によってはライン付近からの反落も想定したいと思っているほどのラインです

逆に下方向ですが
1.2300付近にサポートが入っておりますので
このあたりは近々の下値抵抗線とみております

このラインを割れてくると日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けやすいと思います

更に下降圧力が強まることで1.2200ラインに対してのアタックを期待しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180415

(チャートをクリックすると拡大されます)








日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180412

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では同値線に近い陽線を形成しております

昨朝の時点では1時間足中期で上昇トレンド中であることを指摘しました
その流れを引き継ぎまして
昨日の中盤までは上昇トレンドを継続しております
しかし、後半に入るとやや流れが鈍化しまして今朝に至っております

昨日のポイントは上値抵抗線である日足+1σラインの攻防でして

中盤までの上昇圧力によりまして
ラインを越えることで来たのですが
終盤の戻しでラインを再度割れたところで
今朝を迎えております

現状では上昇圧力が弱まりつつある状況ではありますが
即ショートを推奨できるほどではありません

ちょっと様子を見たいところです

このまま下降する可能性もありますが
再度上昇する可能性もある形をしております

今日も引き続き日足+1σラインに注目しておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ております

上昇圧力が継続した際は次の目標値を
1.2450付近で見ております
このラインも重要ですので
場合によってはライン付近からの反落も想定したいと思っているほどのラインです

逆に下方向ですが
昨日は1.2300付近にサポートが入っておりますので
このあたりは近々の下値抵抗線とみております

このラインを割れてくると現状の1時間足上昇トレンドの弱まりを読み取れるラインとして意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180412

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180411

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

日足では3営業日続けての陽線となっております
振り返りますと先週は下降圧力優勢の相場展開ではありましたが
下値抵抗線 1.1220の存在を指摘し
このライン付近からの反発も狙い目であることを指摘してから
その通りの展開となりまして
それ以来、300PIPSほどの上昇となっております

1時間足の中期で見ると
今朝の時点で上昇トレンド継続中となっております

今日の課題は上方向へのアタックでありますが
重要ラインの存在があります
上値抵抗線を日足+1σラインでみております
このラインを越えてくると上昇圧力のさらなる強まりを期待しております
また、今日の基準線とも考えておりますので
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ております

上昇圧力が継続した際は次の目標値を
1.2450付近で見ております
このラインも重要ですので
場合によってはライン付近からの反落も想定したいと思っているほどのラインです

逆に下方向ですが
昨日は1.2300付近にサポートが入っておりますので
このあたりは近々の下値抵抗線とみております

このラインを割れてくると現状の1時間足上昇トレンドの弱まりを読み取れるラインとして意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180411

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180409


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

金曜日は雇用統計日でして
発表前はレンジ展開となりましたが
発表後にドル売りに反応しております

ただ、雇用統計の割には動きが小さく
大きな動きは発生しておりません

とはいえ、チャート上ではプチ変化が発生しております

金曜日のレポートでも指摘しましたように
週末の展開は日足中期のレンジ幅の下限付近に位置しておりますので
想定通りの小反発となっております

また、上昇力は大きくありませんが
日足ー1σを越えたことはちょっとした変化でして
今日はこのラインの攻防に注目しております

再度割れるようであれば
下降圧力の再燃を想定しておりまして
週末同様に下方向にアタックを仕掛けてくると思います
この場合は下値抵抗線 1.2200ラインに注目しております

逆に日足ー1σラインを割れなければ
上昇圧力継続で次の目標値を日足平均線付近で見ております

現状では力が大きくありませんので不確かではありますが
流れが変わるか、一時的なものなのかを見極めたいと思います



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180409


(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180406

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

やはり下方向に向かっていますね
最近のレポートで注目していることは
下方向へのアタックでして
まずは日足ー1σラインブレイクを指摘しました

このラインを割れることで次の目標値である
1.2200ラインに向かうことを想定しておりますが
昨日中盤よりの下降圧力により
このラインに向かいつつあります

今日は1.2200ラインの攻防に注目しておりますが

このラインの攻防はとても重要でして
この付近には何層かの下値抵抗線存在があります

その下の下値抵抗線を 1.2150付近で見ておりますが
このラインは中期レベルでの直近安値となりますので
このラインを割れるには
かなり強い下降圧力の発生が必要と見ております

ゆえに、割れることだけでなくライン付近からの反発も狙い目として見ております

現状では1時間足レベルで下降トレンド中ではありますが
日足ー1σラインを越えることで上昇圧力の弱まりを読み取れると思います

この場合は反発の際のエントリーポイントにもなりますが
逆張りとなりますので確実な損切り設定を入れるようにしましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180406

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180405

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線に近い陽線を形成しております


昨日も大きな動きは発生しておりません

一昨日の展開で下方向にプチ変化が発生しましたので
この変化を維持できるかが課題でしたが
結局、維持できずにレンジ展開となっております

とはいっても、まだ上昇転換したほどではありません

今朝の時点では方向に見えないレンジ状態ですので
上昇下降の可能性は半々の状態です

現状としてはレンジ下限に近いところで揉み合っておりますので
引き続き下方向は
1.2200ラインに注目しております


逆に上方向は日足平均線あたりで何度か止まっておりますので
このあたりを最初の上値抵抗線として意識しておりまして
このラインを越えると次の目標値を日足+1σラインで見ております
ただ、この状態であっても
日足中期のレンジの範囲内でありますので
このことは意識しておきたいところです

このようにユロドルは静かな展開ではありますが

クロス円は比較的幅のある上下展開となっております

クロス円でトレンドが発生するとユロドルにも動きが出る可能性がありますので
流れの変化を見落とさないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180405

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180404

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

大きくは動いていませんが
プチ変化の発生している展開です

前半の上方向の動きにつきましたは
指摘しておりました上値抵抗線である
日足平均線で高値が止まり流れが変わっております

その後の下降圧力では下値抵抗線である日足ー1σラインを割れてきておりますので
これは変化アリの展開と言えます

今日の課題は日足ー1σラインよりも下の範囲をキープできるかどうかでしょう
ラインよりも下をキープできていれば
下降圧力継続で見ておりまして次の目標値を1.2200で見ております

ただ、このラインも下値抵抗線としては重要ラインですので
このライン付近からの反発も視野に入れたいところです

逆に再度、日足ー1σラインを越えるようであれば
下降圧力発生は一旦様子見に変わり
レンジ傾向の強い状態として意識しております

まずは下方向へのアタックに対して
状況を見たいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180404

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180403

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

とはいえ、ほぼ動かずの展開となっております

昨日のレポートでは日足平均線の攻防をしてきましたが
中盤まではこのライン付近で揉み合っておりましたが
後半に力尽きて下落の展開となっております

しかし、下落も大幅なものではなく
まだ下値抵抗線をブレイクしている状態ではありませんので
エントリーポイントには到達していない状態です

基本方針は昨日と同様にみております

まず、下方向ですが
最初の下値抵抗線を日足ー1σラインで見ておりますが
このラインを割れるとレンジ下限へ向いやすいと見ております
特に下方向では1.2200付近は重要ラインとして位置付けておりまして
大きな変化が発生しなければ
このライン付近からの反発狙いが順当な狙い目と見ております

逆に上方向ですが
1.2340付近でで高値が止まっておりますので
まずはこのラインの攻防に注目しております

ラインを越えることで上昇圧力の強まりを読み取れますが
即ロングというよりは様子を見たいところではあります

日足+1σを越えると上昇圧力の強まりを期待できるポイント値として見ておりますので
このあたりに注目したいと思います

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180403

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180402

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

金曜日だけを見ると大きな動きは発生しておりません

先週を振り返りますと
前半は上昇、中盤以降は下降の流れとなっておりまして
中期ではレンジ展開となっております

どちらかというと
今はレンジ下限に向かっている値動きとなっております

最初の下値抵抗線を日足ー1σラインで見ておりますが
このラインを割れるとレンジ下限へ向いやすいと見ております
特に下方向では1.2200付近は重要ラインとして位置付けておりまして
大きな変化が発生しなければ
このライン付近からの反発狙いが順当な狙い目と見ております

逆に上方向ですが
金曜日だけの値動きを見ると
日足平均線で高値が止まっておりますので
まずはこのラインの攻防に注目しております

ラインを越えることで上昇圧力の強まりを読み取れますが
即ロングというよりは様子を見たいところではあります

日足+1σを越えると上昇圧力の強まりを期待できるポイント値として見ておりますので
このあたりに注目したいと思います

特に今日から4月の相場が始まりますので
流れが替わる可能性もありますので
まずは上記を基準に上方向下方向の流れを掴みましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180402

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20180328


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

やはり下落しましたね

昨朝の時点では比較的強い上昇圧力発生中ではありましたが
しかし、やや上に重要な上値抵抗線の存在がありまして
このラインを越えるには相当大きなエネルギーが必要であることを指摘した上で
反落の可能性も示唆しました

昨日の展開はまさに懸念通りでして
上昇圧力を継続できずに反落しております

下降圧力は短期では比較的勢いがあるものの

想定した抵抗線である
日足+1σラインでピタッと止まっておりますので
下降圧力も限定的と判断できます

今朝の時点では下方向にアタックを仕掛けておりますので
再度、日足+1σラインの攻防に注目したいところです

このラインを割れてくると更に下降圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を日足平均線付近で見ております

逆に日足+1σラインよりも上の範囲では
小反発待ちでして
上昇反応した際は再び1.2450ラインを意識しております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】


(チャートをクリックすると拡大されます)