FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170328

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

1日の流れとしては上昇圧力優勢の展開となりました

昨日の上昇により指摘しました上値抵抗線1.0830を越えましたので
変化を読み取れたと思います

このラインはかねてより強調しておりまして
何度か高値が止まるほどの重要ラインではありましたが
越えることで上昇圧力が強まり
一気に1.0900付近まで上がっております

この瞬間で今年の最高値を更新しましたので
その重要さがわかると思います

昨日の終盤は戻しかけていますので
まずはどこまで戻すのかを見ていきたいところではありますが
まだ本格的なショート軸の場面ではないように思います

1.0830を再度割れることで短期で下降圧力の強まりを期待したいと思いますが
日足では上昇トレンド中ですので
押し目買いが基本方針となりますので
過度な下降期待は今の段階では持たない方がいいでしょう

逆に上方向ですが
昨日の最高値 1.0905
は近々の上値抵抗線として意識したいところです

ここを越えると次の抵抗線を1.1000のレートの節目で見ています

そろそろ月末の調整で大きく動く場合もあります
まずは方向をしっかりと読み取るようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170328

(チャートをクリックすると拡大されます)





経済指標20170328
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170326

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

1時間足をみてると
大きなトレンドは発生しておりません

金曜日の米国の話題はオバマケアでして
トランプ大統領の公約で撤廃をあげておりましたが

金曜日は代替策も取り下げる形となりまして
結果的にトランプ大統領の実行力に不安がよぎってきている状況です

その結果、ドル売りに反応したのが金曜日の展開です

とはいえ、大きな変化には至っておりません

これまで解説しましたように
ユロドル日足は短期で上昇トレンド中ですので
トレンドの流れに準じています

しかし、重要な上値抵抗線 1.0830
に近いところですので
上値抵抗も受けている状況です

金曜日の終盤ではレンジ展開となっておりますので
強い方向は付いていませんので
今日は方向を見極めるところから見ていきたいと思います

近々の1時間足はレンジ相場となっておりますので
上値抵抗線と下値抵抗線の存在を意識するようしましょう

上値抵抗線は前述のように1.0830ラインを意識しております

下方向は
第一下値抵抗線 1.0760
あたりを最初の抵抗線として意識しております

その次に
第二下値抵抗線 1.0715
を意識しておりますが
このラインを割れると下方向に流れが変わりやすい
重要な目安として考えております

このあたりを今週前半の変化発生の目安にされるといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170327

(チャートをクリックすると拡大されます)






経済指標20170327