FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170723

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

結果的に日足で陽線を形成し、今年最高値を更新しておりますが
勢いに欠く展開となっております
やや上値が重たくなっているようにも見えます

とはいえ、下降圧力の発生はありませんので
ショート判断ではない状況です

日足トレンドではしっかりとした上昇トレンド中ですので
基本はロング軸ではありますが
現レート付近からの新規ロングはリスクが高いので控えたいところです

基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちである
押し目買いを中心に狙っていきたいと思います

そういう意味ではある程度下降するところをショートで狙うのもアリですが
この場合は限定的な下落で終わる可能性が高いですので
あくまでも「一時的」な狙い方を推奨いたします

また、今の状態でのショートは逆張りですから
必ずエントリーと同時に損切り設定を入れたいところです

現状では1.1615付近に下値抵抗線の存在が確認出来ておりますので
このラインを割れると短期で下降圧力発生の期待が持てる
最初のキッカケとして見ております

但し、何度も言いますが一時的な下落で終わる可能性も十分あり得ますので
用心は必要です

期待値としては日足+1σ付近まで一旦下がることで
押し目ポイントが掴みやすいと見ています


また、上方向ですが1.1700付近に上壁の存在があります
このラインは長期の上壁ですので重要な上値抵抗線とし意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070723

(チャートをクリックすると拡大されます)



経済指標20170724
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201707212


(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

中盤までは一昨日からの戻しの展開を継続しておりましたが
やはりECBで流れが変わりましたね

ユーロ買いに反応しております
それは
ユロドル 上昇
ユロ円 上昇
ドル円 レンジ

この流れを見てもユーロが強く変われている様子がわかります

チャート上に話を戻しますが
昨日のレポートで指摘しましたように
基本的な方針は押し目買いでした
昨日の場合は下値抵抗線として日足+1σラインに注目しておりましたが
見事にこのラインからの反発展開となっております

更には上値抵抗線として注目しておりました1.1615ラインをも越えてきましたので
ここからも変化発生を読み取る事ができております

結果的に今年の最高値を更新しております
現レートからの新規ロングはリスクが高いので様子を見たいところです

これまで同様に高値更新の際は一旦戻すところを待ちたいと思いますので

戻しの圧力が発生の際はショートも狙い目として持っていいですが
今の段階では一時的な下落で終わる可能性が高いですので
深追いはしないようにしましょう

基本方針はこれまで同様に押し目買いが軸と見ています

今日は変化発生の翌日ですので
東京市場からしっかりと見ていましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070721

(チャートをクリックすると拡大されます)


経済指標20170721
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170720

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

昨日は戻しの展開となりました
一昨日は比較的強い上昇圧力が働きましたので
その戻しとも言えます

昨日は1日を通して下降圧力優勢ではありますが
まだ下方向への変化は発生していない状況ですので
特にショートポイントも発生していない状況に見えます

ただ、ポイント値である1.1500付近に近づいておりますので
今日はこのラインの攻防を見ていきたいと思います

更にその下には日足+1σラインの存在がありますので
両方のラインを割れることで下降圧力優勢の状況を読み取りたいと思います

ただし、日足では上昇トレンド中ですので
下降に対しては積極的ではなく一時的で見ておりますので
深追いは禁物でしょう


また、上方向においてはレートは今年の高値圏内ですので
最高値付近でのロングは控えたいところですので
ある程度下降してからの再上昇待ちを軸に狙っております

そういう意味では昨日は下降していますので
再上昇ポイントも押さえておきたいところです

欲を言えばもう少し下降して日足+1σラインを割れるほどになれば
次の再上昇を狙い易いと思います

まずは今日はどこまで下降するのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2017070720

(チャートをクリックすると拡大されます)