FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
ユロドル日足20170922

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

FOMC明けの展開ではありますが
FOMC直後に反応した下落は継続されずに
やや戻しの展開となりました

今回はFOMCに下落に反応しましたが
今朝の時点では
8月から9月のレンジ相場の範囲内に収まっております

市場反応も限定的であったと見られます

ただ、昨日は上昇に反応はしておりますので
微増ではありますので油断はできないところです

特に今週末はドイツ連邦議会総選挙を控えております

選挙結果によってはユーロが大きく動く可能性がありますので注視したいところです

変化発生の目安としては
上値抵抗線 1.2090
下値抵抗線 1.1835

このあたりに注目しておりまして
変化発生のキッカケを読みるとポイント値としております


新規ポジションの予定も必要ですが
保有中ポジションの管理にも注意しましょう

以上、参考にしていただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170700922

(チャートをクリックすると拡大されます)



経済指標20170922
経済指標20170921
経済指標20170920
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170919

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

ただし、スタート時に下窓を開けているので陽線ではありますが
金曜日の終値と昨日の終値はほぼ同値といえます

方向としては上方向に向かってはいるのものの
日足+1σラインの昨日の上壁となっておりましたので

まだ力強い上昇圧力には至っていない印象を受けます

今後の上昇圧力を読み取る上で日足+1σの攻防は最初の確認ポイントとしたいと思います

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ておりまして
次の目標値を1.2000付近で見ております
その次には今年の最高値ライン1.2090を上値抵抗線として見ておりますので
注視しましょう

逆に下方向ですが昨日だけを見ますと1.1915で2度ほど安値が止まっておりますので
直近の下値抵抗線として意識したいところです

その次は1.1835付近
そのまた次は1.1780付近
と下方向には何層かの抵抗線の存在がありますので
1つずつクリアするのを見ていきたいところです

今の日足チャートでは長期で上昇トレンド
短期でレンジとなっていますので

基本方針はロング軸で見ています
スタンダードな狙い目としてはある程度下降してからの再上昇待ちでして
先週前半の下降から後半の再上昇も狙い目に沿った展開とも言えます

特に近々ではレンジでもありますので
レンジブレイクも発生した際も見落とさないようにしたいところです

明日、明後日はブログレポートはお休みしますが
上記のポイントは変化発生の目安として有効ですので
ご活用いただけましたら幸いです


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170700919

(チャートをクリックすると拡大されます)