FC2ブログ

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
経済指標20190109
国旗

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20190108

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足で陽線を形成しております

為替全体としては穏やかな日ではありますが
ユロドルはジリジリと上昇しております

昨日のレポートで指摘しましたように
金曜日は上値抵抗線である日足+1σライン付近で揉み合っている状況でしたので
昨日は日足+1σラインを基準線としてみておりました

結果的にこのラインを越えることで上昇圧力が優勢となり
短時間レベルで上昇トレンドを形成しております

次の目標値を1.1500付近と定めておりましたように
この今朝の時点ではこのラインに向かっている状態です

今日は1.1500ラインに注目しております
このラインを越えてくるようであれば
上昇圧力の更なる強まりを読み取れました
上昇トレンド継続目印としてみております

この場合は次の目標値を1.1620付近で見ております

ただし、1.1500ラインは過去に何度か反落を受けているラインですので
油断は禁物です
今回も半分程の確率でこのラインから反落を受ける可能性があると見ております

下降に反応した際は日足+1σラインをキープできるかに注目しております
このラインを割れると今の上昇圧力の弱まりを読み取れるポイントとし見ております

更に下降圧力が増した際は日足ー1σラインを下値抵抗線として意識しております

まずはどこまで上昇するのかと1.1500ライン付近の攻防を見定めたいと思います


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20190108

(チャートをクリックすると拡大されます)
経済指標20190108
国旗
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20190107

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足で同値線を形成しております

年明けから荒れている為替相場となっておりまして
ユロドルも不安定な展開となっております

ただ、クロス円のように大きな変化は発生しておらず
レンジの範囲内で乱高下している状態と言えます

金曜日の雇用統計を終えて米国経済の堅調さも見えましたので
やや落ち着きが見えてくるように思いますがポイントはしっかり押さえておきましょう

乱高下している相場ではありますが
抵抗線に対しての攻防は以前と同様の展開となっております

金曜日は上値抵抗線として意識しておりました日足+1σライン付近で揉み合っている状況から
一気に下落し、一気に戻しております

結局、まだ日足+1σラインの上値抵抗線は有効ですので
今日もこのラインの攻防には注目したいと思います

このラインを越えると次の目標値を1.1500付近で見ております

逆に下方向ですが、
やはり、日足ー1σライン付近が重たいようですので
下降が発生した際はこのラインの攻防に注目しております

ラインを割れると次の目標値を1.1300ラインで見ておりますが
このライン付近では何度か反発をしておりますので
注視しております

雇用統計開けの月曜日ですので
どちらに反応するのか見ていきましょう


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20190107

(チャートをクリックすると拡大されます)





経済指標20190107
国旗