FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180711

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

今週に入りまして動きが鈍くなっております
先週金曜日の雇用統計発表で上方向に反応したものの
上値抵抗線である日足+1σラインでモジモジし始めております

今週月曜日と火曜日はその状況が続いております

つまり、上値抵抗線の影響を受けている状態です
この付近には上値抵抗線が何層か存在しておりまして
上値が重たい状況です

今は日足+1σラインの攻防ですが
越えたとしては次の上値抵抗線存在があります

近々の値動きは上昇トレンド中ですので
上方向にアタックを仕掛ける力がありますので
越えることができれば上方向に対しての変化発生となりますが

越えられずに反落する可能性も十分あり得ます

ですので、どちらの可能性も視野に入れた狙い目を持っておきたいところです

今の段階では
日足+1σラインを基準線と見ておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続中で
次の目標値を1.1790付近で見ております

ただ、越えられない期間が長くなるとエネルギー失って一気に下落する可能性もあります
日足平均線を割れてくると今の上昇力の弱まりを読み取れますので
1つの目安にしていきたいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180711

(チャートをクリックすると拡大されます)





経済指標20180711
経済指標20180710
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180709

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

やや変化アリの展開となっております
先週木曜日までは上値抵抗線である1.1720付近を越えることができなかったのですが
金曜日の聯回ではこのラインを超えることができましたので
この点は変化アリと言えます

この背景には米国雇用統計発表の影響がありまして
あまり良い内容ではありませんでしたので
強くはないのですが、ややドル売り反応しております

その結果、ユロドルは上昇し変化アリとなっております

しかし、変化も限定的でして
次の目標値である日足+1σ付近で高値が止まっておりますので

今度はこのラインに抵抗を受けているようです
今日もこのラインの攻防に注目しております

日足+1σラインよりも上の範囲が継続できれば
上昇圧力継続中でして
次の目標値を1.1790付近で見ております

逆に1.1720を割れてきますと
上昇圧力の弱まりを読み取れまして

戻しの展開を想定しております

今日は雇用統計開けですので
東京市場からある程度動く可能性がありますので注視しましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180708

(チャートをクリックすると拡大されます)




経済指標20180709