FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170519

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

ようやく上昇が止まりましたね
直近では4本続けて陽線が並びましたので
久しぶりの陰線です

昨日も指摘しましたように
最近の上昇により直近高値を更新しておりましたので
新規ロングの判断の難しい場面でしたので
一旦、下落するのを待っておりました

そういう意味では昨日の下降により今後の選択肢が広がっています

欲を言えばもう少し下落して欲しいところです

今朝の時点では1時間足でまだ下降優勢の形をしておりますので
どこまで下落するのかを確認したいところです

特にポイントは日足+1σラインでして
このラインよりも上の範囲ではロング軸で見ています

基本は押し目買いを中心に組み立てたいと思っておりまして
現状から日足+1σラインの間で反発する可能性もありますので
注視しましょう

近々では1.1080付近に下壁の存在があります
この壁を割れると次の目標値を日足+1σラインで見ておりますが
このラインを小反発する可能性もあります

また、上方向には1.1170付近に上壁の存在がありますので
今後の追い込みロングのポイントとしてみています

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しております
ただし、その先の目標値が見えてきませんので
深追いは禁物ですし、エントリーと同時の損切り設定は必須でしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170519

(チャートをクリックすると拡大されます)



経済指標20170519
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170518

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日も引き続きの上昇圧力優勢場面となっております
一昨日は直近高値を更新したのですが
昨日は更に高値を更新しました

勢いが強いですね
昨日のレポートで指摘しましたように
このような状況で気を付けなければいけないのは
「レートに惑わされない」ことです

直近高値の場合は心理的にショートを狙いたくなります

しかし、昨日のように上昇を重ねた場合は結果的に含み損を抱えてしまいますね

ショートが絶対にダメというわけではありませんが
上昇トレンド継続中のショートはリスクが高いということです

ショートのタイミングとしてはロングの弱り目を確認してから入れるように心がけたいところです

さて、今朝の時点では1時間足で上昇トレンド継続中ですので
まだ上攻め中です

昨日の方針同様にここからの新規ロングはリスクが高いですので控えたいところです
メインの狙い目はある程度下降してからの再上昇待ちである押し目買いを中心に組み立てないところです

現状では1.1080付近に下壁の短期の下壁の存在がありますので
このラインを割れてくると短期下降圧力発生を期待しております

また、1.1020付近を1つの方向の目安として考えておりまして
このラインよりも上の範囲では
ロング中心(押し目買い)の組み立てで想定しています

このラインを割れてくるとある程度の下降を期待しておりますので
近々での基準線にするといいと思います

ただ、瞬間的で終わる可能性もありますので
必ず損切り設定は忘れないようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170518

(チャートをクリックすると拡大されます)




経済指標20170518
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170517

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

力強い上昇となりましたね

昨日のレポートで指摘ましたように
昨朝の時点では上方向にアタックを仕掛ける場面でした

指摘しました上値抵抗線1.1020を
越えましたので
このタイミングで上昇圧力の強まり読み取れましたし
変化発生を読み取ることができたと思います

昨日も解説しましたようにこのラインを重要でして
直近高値ラインでした
昨日上昇で越えたことで今年一番の高値を記録したことになります
上記からも重要な変化であることがわかりますね

今後の課題はこの上昇圧力がどこまで続くのかです

現状では、天井が見えませんのでこのタイミングからの追い込みロングは推奨できません

上昇トレンドですので基本方針はロングではありますが
今の狙い目はある程度下降してからの再上昇を待ちたいところです

そういう意味からも下がり目を探っていきたいところでもあります

昨日のポイントであった1.1020を目安としておりまして
このラインを再度割れてくることで上昇圧力の弱まりを読み取れる目安としてみています

基本は日足+1σラインを割れるまでは上昇圧力継続で見ていますので

この間は短期の戻し(ショート)狙いか押し目買い狙いを待ちたいと思います

変化発生の過渡期ですのでレートだけのトレードは避けるようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170517

(チャートをクリックすると拡大されます)