fc2ブログ

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20230128

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しておりますが
大きな値動きにはなっておりません

先週1週間の日足は
陽線2本、陰線1本、同値線1本
となっておりまして、1週間のレートは
ほぼ、同値となっております

前回のレポートで指摘しましたように
今のユロドル日足チャートでは上昇トレンド中を継続しております

今週前半は上方向に対してアタックを仕掛ける値動きでしたが
結果的に抜けきらずに週末に戻しの展開へと変わっております

やはり、1.0900付近の上壁は重たいようです
週末の戻し展開では極端に下降しておりませんので
1週間の値動きとしてはレンジ展開となっております

来週以降の注目点も先週と同様に見ております

上昇トレンド中ですので
最初の上値抵抗線として
上値抵抗線1.0900付近に注目しております
先週の値動きを見る限りではこのラインはそこまで厚い壁ではなさそうですが
このラインを越えると、いよいよ1.1000ラインへのトライとなります
レートでも大事な節目となりますので
上方向に反応した際はこのラインの攻防に注目したいと思います

このラインからの反落も有り得ますので選択肢として用意しておきたいと思います

逆に下方向です
1時間足レベルでは
小さい壁として1.0830ラインに注目しております
このラインを割れると次の節目として
1.0735ラインに注目しております
このラインを割れると現状の上昇トレンドの弱まりが読み取れて
一時的に下降圧力が増すか、その後レンジ傾向が強くなるかというように
短期的に流れを変えるポイントになり易いと思います

このラインを割れた場合に下方向に勢いが付く際は
下記に抵抗線を意識しております
第二下値抵抗線 1.0440
第三下値抵抗線 1.0290
第四下値抵抗線 1.0220
と何層かの抵抗線を意識しております

現状では上方向にアタックを仕掛けている状態が継続中ですが
下降へと流れを変えた場合はスピードが速くなることも想定に
入れておきたいと思います

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20230128

(チャートをクリックすると拡大されます)



【日足チャート】
日足20230121

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しておりますが
大きな値動きにはなっておりません

先週1週間の日足は
陽線2本、陰線1本、同値線2本
となっておりまして、1週間のレートは
やや上昇展開となっておりますが
ほぼレンジと見て良いでしょう

ただ、もう少し長いスパンで見ると
上昇トレンド継続中となっております
先週末に上値抵抗線1.0735ラインをブレイクすることで
次のステージに上がったものの
次の上値抵抗線に圧力を受けているのが今週の展開となっております

週明けはこの上値抵抗線1.0900付近に注目しております
このラインを越えると、いよいよ1.1000ラインへのトライとなります
レートでも大事な節目となりますので
上方向に反応した際はこのラインの攻防に注目したいと思います

このラインからの反落も有り得ますので選択肢として用意しておきたいと思います

逆に下方向です
まずは先週越えた1.0735ラインを最初の節目として見ております
このラインを割れると現状の上昇トレンドの弱まりが読み取れて
一時的に下降圧力が増すか、その後レンジ傾向が強くなるかというように
短期的に流れを変えるポイントになり易いと思います

このラインを割れた場合に下方向に勢いが付く際は
下記に抵抗線を意識しております
第二下値抵抗線 1.0440
第三下値抵抗線 1.0290
第四下値抵抗線 1.0220
と何層かの抵抗線を意識しております

現状では上方向にアタックを仕掛ける気配が強いのですが
下降へと流れを変えた場合はスピードが速くなることも想定に
入れておきたいと思います

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20230121

(チャートをクリックすると拡大されます)

【日足チャート】
日足20230107

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

年初の値動きとしては
下がって上がっての展開となっておりまして
結果的にレンジ展開となっております

方向としては下方向にアタックを仕掛けるものの反発している感が強い様に思います
ただし、長いスパンで見ますとユロドルは昨年後半の低いレートだったのですが
年末にかけて大きく戻しております
最近の傾向としては戻しの上昇圧力に陰りが見えて上からの圧を受けているようにも見られます

今後、上昇に勢いが増した際に注目ラインは
上値抵抗線1.0735
を注視しております
前回のレポートで指摘したラインではありますが
現在も有効ですので直近の注目ラインとして意識しております
このラインを越えると現在の頭打ちからの抜け出しになりますので
ある程度勢いを持って上昇する可能性が高くなるかと思います

逆に下方向ですが
レンジ展開ではありながらも徐々に下値抵抗線をクリアしてきている状態です
この状態を繰り返しながら下降トレンドに至る事も有りますので注意は必要です
第一下値抵抗線 1.0440
第二下値抵抗線 1.0290
第三下値抵抗線 1.0220
と何層かの抵抗線を意識しております

1.0220を割れてくると再度1.0000ラインへのアタックを仕掛けてくる展開になり易く
ブレイクすると再度下降圧力優勢の展開になり易いかと思います

現状ではレンジ展開ですので
どちらに反応するかわかりませんが
上記のラインを意識しながら方向の強弱を見極めて頂ければと思います

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20230107

(チャートをクリックすると拡大されます)


【日足チャート】
日足20221217

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線2本、同値線1本となっております

1週間のレートではやや上昇となっております

直近1か月のスパンで見ますとユロドルは緩やかな上昇トレンドを形成しております
割と堅い展開となっております

ただ、ここに至るまでは急激な下降を続けておりましたので
その時に勢いをカバーできるほどの上昇には至っておりません

日足チャートでは上昇一方というよりも
三歩進んで二歩下がるといったように
戻され流れも上昇圧力が僅かに勝っているといった状況です

今週も水曜日までは上昇展開でしたが、木曜金曜で戻しておりますので
まさしくこの展開になっております

ただ、このような展開は油断禁物でして
いつ再下落するかわかりません
油断して上昇待ちをしていると一気に下落する事も有りますので
流れの変化を見落とさないようにしましょう

では、来週の展望ですが
上方向においては
今週の上昇から下降への流れで山を形成しております
頂点が1.0735付近ですので、このラインを最初の上値抵抗線として注目しております
正直、どこまで上昇圧力が継続するかわかりません
ロングを取る際は必ず損切設定を入れたうえで石橋を叩くようにエントリーしたい状況です

下方向はこれと言って大きな節目がないのですが
小さい節目は沢山あります
最初は1.0550ライン付近に注目しております
このラインを割れると1.0440付近に注目しております
その次は1.0290付近に注目しております

といったように何層もの下値抵抗線の存在がありますので
このライン毎の攻防に注目したいと思います

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20221217


(チャートをクリックすると拡大されます)
【日足チャート】
日足20221203

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では一応陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線3本となっております

1週間のレートでは上昇となっております

この1週間で少し上方向に変化の兆しがみられる展開となっております
月曜日は上方向にアタックを仕掛けるものの上値抵抗を受けて
戻されてしまいました
後半の再度アタックを仕掛けて、クローズの時点では踏みとどまっている状況です

そのラインら1.0500ラインとなります
まだ、微妙なところですので、もしかすると戻されるかも知れません
そういう事を踏まえて来週前半は1.0500ラインを基準線として見ております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力優勢場面でロング軸
ラインよりも下の範囲ではショート軸
という方針で考えております

上方向には圧力が優勢場合は次の目標値を1.0600ラインで見ております
このラインをクリアすると次を1.0700ラインで見ております
上方向は何層もの壁がありますので1つ1つクリアを確認していきたいところです

逆に下方向です
1.0500を再度割り込んでくると、上壁が重たい様子が見受けられますので
ショートチャンスが増えてくると思います

近々では短期の谷がいくつか存在しますのでこのあたりを下壁として意識したいと思います
最初の下壁は1.0290ラインを意識しております
このラインを割れると短期で下降圧力が強まりやすいかと思います
割れた際に次の目標値を1.0220ラインで見ております

このラインを割れるとその次を1.0100ラインを意識しておりますが
このラインの攻防は比較的重要でして大きな波の行く末を予測する上で重要なラインとなります

まずは上方向にアタックを仕掛けておりますので
どこまで上昇圧力が継続されるのかを見ていきましょう


以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20221203

(チャートをクリックすると拡大されます)