fc2ブログ

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20240413

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週1週間の日足は
陽線1本、陰線3本、同値線1本
となっておりまして、1週間のレートは
下降となっております

先週はやや上方向にアタックを仕掛ける展開でありましたが
今週は戻しと下攻めへと流れをガラッと変えてきました
前回のレポートで指摘しましたように
1.0750ラインに注目していたのですが
今週はこのラインをブレイクして下降への勢いを増し
更に1.0700ラインをもブレイクし
重要な目標値である1.0640付近に到達しております

しかし、週末は1.0640ラインで止まってモジモジしておりますので
小休止状態と言えます

週明けは1.0640の攻防に注目しております
このラインをもブレイクすると

下降圧力に勢いが増し続ける可能性がります
少し先ではありますが、1.0480付近が重要な下壁の存在があります
このラインを目指す可能性もありますので1.0640の攻防を見ていきたいと思います

逆に、1.0640を割り切れない場合は
小反発する可能性もあると思います

その場合は最初の上壁が1.0700ラインかと思います
このラインをクリアすると次の上壁を1.0750あたりで見ております
このラインをも越えると今週の下落は一旦帳消しで再度1.0850付近への上方向へのアタック態勢に変わりやすいと思います

今週末は比較的強い下降圧力となっておりますので
週明けの値動きを見極めていきましょう



以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20240413

(チャートをクリックすると拡大されます)

【日足チャート】
日足20240330

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

先週1週間の日足は
陽線1本、陰線2本、同値線2本
となっておりまして、1週間のレートは
下降となっております

今週のポイントは注目通りの1.0800ラインでした
週明けはこのラインが下値抵抗線として機能しておりましたので
小反発したのですが
それ以降は再度、下方向にアタックを仕掛ける状況になっております
木曜日の陰線で1.0800ラインを割れることで流れがやや下方向に優勢になってきたところでクローズしております

短時間足で見ると1.0800ラインが上値抵抗線になりつつありますので
来週はこのラインに注目しております

1.0800ラインよりも下の範囲では下降圧力優勢で見ております
この状態が続くと下降トレンド継続中で見ておりまして
次の抵抗線を1.0750ライン付近で見ております

このラインをもブレイクすると、次の目標値を1.0700ライン当たりで見ておりますが
このラインは今年最安値ですので、分厚いラインであるのと同時にライン付近からの反発も想定したいところだと思います

逆に1.0800ラインを越えるとレンジ傾向が強くなりやすいと思いますが
即上昇トレンドという判断は出来ません
次の目標値1.0900ラインを越えてくると上昇圧力が強まりやすくなり
その次の目標値1.1000ラインを意識しております

このラインをも越えると強い上昇圧力発生を読み取れるポイント値として見ております

まずは下方向へのアタックから始まる場面ですので
1.0800ライン際の攻防を見ていきましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20240330

(チャートをクリックすると拡大されます)


【日足チャート】
日足20240323

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週1週間の日足は
陽線1本、陰線4本
となっておりまして、1週間のレートは
下降となっております

1週間を通しては
下げて、上げて、下げての
相場となっております

前回のレポートでは
上昇圧力の安定感が読み取れない状態であることを解説致しました
月曜日、火曜日とやや下降となりながらも
水曜日に小反発しております
しかし、この反発も安定せずに木曜日金曜日と続落展開となっております

この流れのキーポイントとなっているのが
前回のレポートで指摘した1.0900ラインかと思います
このラインを基準としておりましたが
今週の値動きではこのラインが上値抵抗線として機能しておりますので
上昇に乗り切れていない事を読み取れます

結果的に週末に続落しているのですが
ここの注目は1.0800ラインです

私が下値抵抗線として注目したラインではありますが
今週の最安値はこのラインでピタッと止まっております

つまり、まだ下降圧力にも乗り切れていない状態です
来週はこのライン注目しております
1.0800ラインよりも下の範囲では下降圧力優勢で見ておりまして
下降トレンドのキッカケになりやすい範囲とも言えます
その先は1.0700ラインに注目しております

逆に上方向は
1.0900ラインに注目しております

引き続きではありますが
1.0900ラインを基準線として考えております
このラインを越えると再度上方向にアタックを仕掛ける気配を読み取れるかと思います

その場合は次の目標値を1.1000ラインで見ております
越えた場合は次の目標値を1.1100ラインで見ておりますので
このラインはかなり分厚い上壁ですので反落も含めて注視したいところです

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20240323

(チャートをクリックすると拡大されます)
【日足チャート】
日足20240316

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

先週1週間の日足は
陽線1本、陰線2本,同値線2本
となっておりまして、1週間のレートは
下降となっております

前回のレポートでは
日足で上方向へ流れが変わりつつあるものの
本格的な上昇トレンドには乗り切っていない状態を解説致しました
また、上値抵抗線の存在もありましたので
このラインを越えることができるかどうかで今後の上昇圧力の安定度を読み取る目安にしておりましたが
今週はこのラインを越える事が出来ませんでした

更に、基準線として1.0900ラインに注目していたのですが
木曜日の下落によりこのラインを割ってしまいまして
金曜に戻す力も発生しておりませんので
パワーバランスとしてやや下降優先の状況で週を閉じております

来週は更に下降する可能性も残している状態ですので
方向をしっかり見極めていきたいと思います

先週同様に1.0900ラインを基準線として考えております
このラインを越えると再度上方向にアタックを仕掛ける気配を読み取れるかと思います

その場合は次の目標値を1.1000ラインで見ております
越えた場合は次の目標値を1.1100ラインで見ておりますので
このラインはかなり分厚い上壁ですので反落も含めて注視したいところです

逆に下方向です
1.0900ラインよりも下の範囲では下降圧力継続で見ております
更に1.0800ラインを割れると再度下降圧力が戻りやすくなると思いますが

このラインを割れると下降トレンドが形成される可能性も強くなってきますので要注意して見ております


基準線1.0900ラインの動向で方向を見定めていきたいと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20240316

(チャートをクリックすると拡大されます)



【日足チャート】
日足20240309

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線に近い陰線を形成しております

先週1週間の日足は
陽線3本、陰線1本,同値線本
となっておりまして、1週間のレートは
上昇となっております

今週だけのレートでみると、上昇になっております

先々週のレポートで上方向への変化発生と
今後、上昇の継続が見込まれて場合の上値抵抗線の存在を指摘しました

今週の上昇により1.0900を超えましたので
もう一段、上昇に対してステップアップした展開となっております
ただ、金曜日の雇用統計では上方向への反応が一時的となってしまいましたので
月曜日の値動きは注視したいところです

今後上昇圧力継続の目安は
1.0900ラインをキープできるのかに注目しております
このラインをキープしている間は上攻め展開を想定しております
今週は1.0900ラインを越える事ができたものの
その上の1.1000ラインへは届かずでした

このラインを越えてくると強い上昇圧力が発生している状態が読み取れます
越えた場合は次の目標値を1.1100ラインで見ておりますので
このラインはかなり分厚い上壁ですので反落も含めて注視したいところです

逆に下方向ですが
1.0900ラインを割れるとレンジ傾向が強くなりやすいと見ております
更に1.0800ラインを割れると再度下降圧力が戻りやすくなると思いますが

現状では下降トレンド気配は発生しておりません

まずは1.0900ラインをキープできるのかどうかで方向を見定めていきたいと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間20240309

(チャートをクリックすると拡大されます)