FC2ブログ

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20210410

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線2本、となっております

1週間のレートではやや上昇となっております

前1週間がそれまで続いていた下降トレンドから
反発気味の動きを指摘した上で
今週の展開次第で下降継続か反発展開かの判断が大事であることをお伝え致しました

先週末の時点では下降上昇それぞれ可能性がある終わり方をしましたが
今週は月曜日火曜日の強い陽線で上値抵抗線を超えるこ
とが出来ましたので
上昇判断ができております

目標値でありました1.1800を超えて次の目標値である1.1900に到達しておりますので
第一関門通過いったところです

今週末金曜日は陰線を形成しておりますので
木曜日までの上昇に対する調整ではありますが
まだ、下降への反転を判断するには至っておりません

来週のポイントとしてましては
1.1900ラインを基準線として見ております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で
次の目標値を1.200あたりで見ております
このラインを越えると強い上昇圧力を読み取れる重要ポイントとして見ております

逆に1.1900ラインよりも下の範囲では
戻しの下降の可能性を視野に入れたいと思います

1時間足チャートからは1.1850付近の下値抵抗線が見れますので
まずはこの付近に注目しております
割れるとその次の目標値を1.1800
そのラインをも割れると1.1700あたりを下値抵抗線として意識しております

週末の時点では
流れの分かれ道となる重要なタイミングでもありますので
基準線で判断すると良いでしょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210410

(チャートをクリックすると拡大されます)


【日足チャート】
日足20210403

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線3本、となっております

1週間のレートではやや下落となっております

前1週間が下降圧力優勢の相場ではありましたが
先週末金曜日に陽線をだしましたので
上昇下降それぞれも判断材料を持ちながら臨んだ今週ではありますが
結果的に週明けは下降に反応しております

まず最初の注目点は前回指摘しました下値抵抗線1.1760ラインです
先週はこのラインで安値が止まりましたので
近々の下値抵抗線として注目しておりました

私の予測としてはこのラインを割れる事で下降に勢いが乗り易く
その場合は次も目標値を1.1700付近と定めておりました

それが今週月曜日火曜日に当てはまっております

そして、水曜日木曜日で小反発をしておりますので
この下降から上昇の展開で新しい谷を形成しております

いよいよ私が前回指摘しました下値抵抗線1.1700ラインがそれに該当しますので
来週はこのラインを下値抵抗線として意識しております

このラインを割れることがあれば、いよいよ1.1600が次の目標値となりますが
この付近は大きな波の谷になっている場所ですので
かなり厚い下壁となっております

逆に上方向ですが
最近に傾向として1.1800付近が抵抗線になっているようですので
近々の上値抵抗線として意識しております

このラインを越えるとその次の目標値を1.1900付近で見ております
このあたりを越えると現状の下降トレンドからのながれの変化を読み取れるように思います

現状では下降トレンドですので
基本方針は戻り売りで、
上記のように上方向に変化が発生すれば方針転換で宜しいかと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210403

(チャートをクリックすると拡大されます)

【日足チャート】
日足20210327

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線3本、となっております

1週間のレートでは下落となっております

月曜日に陽線を形成しましたが
火水木曜日の下落が勢いを持ち
この三日間の下落幅が大きくなっております

と言いますのも前回のレポートで指摘しました
下値抵抗線1.1835の下壁をブレイクすることで
勢いを増しております

金曜日は踏みとどまりましたが
まだ下落の可能性が残されている状況です

近々では短期の下壁1.1760に注目しております
ここをブレイクすると下降圧力の強まりを読み取れまして
次の目標値を1.1700付近で見ております

更にこのラインをもブレイクすると1.1600が見えてきますが
この付近は大きな波の谷になっている場所ですので
かなり厚い下壁となっております

逆に上方向ですが
最初の上壁を1.1850付近で見ております
この壁を越えると現状の下降圧力の弱まりを読み取れる場面として見ておりますが
強い上昇圧力を読み取るには材料不足のように思います


そういう意味では1.1200あたりが大事な上壁になりますので
今後を判断する重要ポイントになるかと思います

来週はどちら反応するかわかりませんが
上昇すると持ち直しとなりますし
下降すると下降トレンド形成となりまして
1.1700を割るかどうかと直近安値に近づく大事な場面になってきます

月末月初週でもありますので動が大きくなりがちです
変化にはいち早く察知できるようにしましょう


以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210327

(チャートをクリックすると拡大されます)





【日足チャート】
日足20210313

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線2本、となっております

1週間のレートではやや上昇となっております

前1週間は下降圧力が強く、短期では下降トレンドを形成しておりました
今週月曜日もこの流れを継承し、下降したのですが
火曜日から木曜日に掛けての陽線で反発展開となっております

その結果、月曜日から火曜日に掛けての波では谷を形成しております
間の三日間で上昇したのですが、週末金曜日に陰線を形成しておりますので
方向見えずの1週間となりました

ただ、1時間足を見ると、木曜日から金曜日にかけての展開の波で山を形成しておりますので
ここを直近の上値抵抗線として意識したいと思います

レートでいうと、1.2000ラインとなりました
このラインはレートの節目でもありますので、比較的重要ラインとして見ております

来週の展望として、1.2000ラインよりも上の範囲では上昇圧力優勢で見ておりまして
トレンドに乗ると、1.2200付近まで上昇する可能性もあるかと思います
その場合は1.2200ラインが重要な上値抵抗線として注目しております


逆に下方向ですが、今週の谷である1.1835付近に注目しております
このライン短期の谷ではありますが
今年の最安値でもありますので、注目度は高いです

このラインをブレイクすると、比較的強い下降圧力を読み取れまして
場合によっては1.16台に再度アタックを仕掛ける勢いを可能性が出てきますで要注意です

現状では上昇も下降も両方の未来を想定できる要素を持っております
まずは上記ラインの攻防で方向を見極めたいと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210313

(チャートをクリックすると拡大されます)






【日足チャート】
日足20210227

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線2本、となっております

1週間では週末にかけて上昇するものの
金曜日で一気に下落した展開となっておりまして
週間レートはやや下落になっております

週末までは上方向にアタックを仕掛けておりましたが
私の指摘した上値抵抗線に阻止されて、反落を受けております

注目点は1.2200ラインです

何度かこのラインにアタックを仕掛けて
木曜日に一時越えるものの
数時間で戻されて
その後は1時間足で下降トレンドを形成しております

この1.2200ラインはレンジ上限として
重要ポイントとして位置付けておりましたが
今回の反落で重要度が増したように思います

今後、上昇した際もこのラインに注目したいと思います

さて、1時間足では週末は下降トレンドのままクローズしましたので
週明けはどこまで下落するのかに注目しております

最初の注目点は1.2020付近で見ております
このラインは先週の最安値であり、谷にもなっておりますので
近々の下値抵抗線として注目しております

このラインを割れると短期に下降に勢いが付きやすくなる思います
その場合は次の目標値を1.1950ライン付近で見ております

このラインはレンジ下限ラインですので
ポイント値として注目しております

このラインをもブレイクすると次を1.1900付近で見ております

逆に上方向に反応した際ですが
先週同様に1,2200ラインに注目しております
今回のように反落の可能性もありますので
ライン近くまで上昇した際は注目です

もし、ブレイクした際は慎重に判断したいところではありますが
短期で上昇圧力が増す可能性があります
その場合は今週の最高値である1.2250付近に注目しております

このラインを越えると新たな上昇トレンド発生の期待が持てるポイント値として見ております

日足でのレンジも継続中ですので
上記の上限下限ラインを意識するとわかりやすいかと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210227

(チャートをクリックすると拡大されます)