fc2ブログ

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20220924

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線1本、陰線3本、同値線1本となっております

1週間のレートでは下降となっております

この1週間は下降一方向の展開となりました
水曜日の下落により直近安値をブレイクし、
その勢いで一気に週末まで下げ幅を拡大しております
結果的に直近安値更新
というよりも、史上最安値を更新の展開となっております

ここ最近では直近安値ラインが下値抵抗線として機能していたのですが
このまでのレポートで指摘しておりましたように
直近安値をブレイクすることで底なし状態になりますので
どこまで下落するのかわからない状態に陥っております

経験上、このような場合は一気に下落して落ち着くのですが
週末の下落幅で落ち着いているのかどうかはわかりません

下降トレンドではありながらも追い込みショートはリスクの高いトレードとなります
基本方針はある程度戻してからの戻り売りを軸に見ていきたいと思います

ここまで下がると反発を狙いたい心境になりますが
まだ底が見えていませんので谷が見えてくると押し目ポイントも見つけやすいかと思います

今のところは下降トレンド状態でして
近々の上値抵抗線は0.9870あたりで見ております
このラインを越えると直前のレンジ幅に戻しますので
下降トレンドの落ち着きを読み取れるポイントとして見ております

それまでは戻り売りを中心に組み立てていきたいと思います


以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220924

(チャートをクリックすると拡大されます)





【日足チャート】
日足20220910

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線2本となっております

1週間のレートでは上昇となっております

上昇ではあるものの、週半ばまでは下方向へのアタックを仕掛けておりまして
僅かに安値更新をして反発しております

結果的に分厚い下値抵抗線が効いた格好になっております

週後半では小反発の展開ではありますが
どこまで上昇するのかは不確かです

まだ下降圧力の強い状態から抜けておりませんので
基本方針は戻り売りで見ております

上方向ですが
今週の反発場面であっても
上値抵抗線 1.0100が効いておりました
来週もまずはこのラインを最初の上壁として注目しております

このラインを越えると、8月半ば以降から続く
強い下降圧力から抜け出す一歩になりうるかもしれません

その上の大きな節目が1.0350ラインですので
このライン付近までは上昇する可能性も含めて見ております

逆に下方向ですが
1.0100ラインよりも下の範囲内では
強い下降圧力継続場面として見ております
その場合は再度下方向にアタックを仕掛ける可能性が強くなるでしょうか
下方向には0.9950の下壁の存在があります
今週はわずかにブレイクはしましたが
結局、反発をしておりますので
0.9950あたりの下壁が有効であると見ております

このラインをブレイクすると底無しなりますので
どこまで下落するのかわかりませんが
一時的に下降に勢いが増す可能性がありますので注意場面となります

逆に言えば小反発の可能性もある場面ですので注意したいところです

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220910

(チャートをクリックすると拡大されます)


【日足チャート】
日足20220903

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足ではほぼ同値線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線1本、同値線となっております

1週間のレートではほぼ同値となっております

個々の陽線は短く、木曜日の下落で戻してしまった展開となっております

1週間の日足はほぼ揉み合い状態となっておりますが

それは下値抵抗線の存在です
以前から指摘しておりますように
下値抵抗線 0.9950付近を重要な下値抵抗線として意識しておりました

今週もこのライン付近で揉みあっておりますので、抵抗線が効いている状態です
つまり、下方向に対してアタックを仕掛けている状態とも言えます

この先の展望として
ブレイクすると底無しとなりますので
どこまで下落するのかわかりませんが
一時的に下降に勢いが増す可能性がありますので注意場面となります

逆に言えば小反発の可能性もある場面ですので注意したいところです

上方向ですが
今週は1.0080付近で何度か高値が止まりました
短期の抵抗線ではありますが、まずはこの付近を最初の上値抵抗線として見ております

このラインを越えた後も小さい上値抵抗線は何層か存在しておりまして
大きな節目を1.0350で見ております
これが中期レンジの上限ラインですので
このラインを越えるまでは再下落を意識した調整になってくるかと思います

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220903

(チャートをクリックすると拡大されます)

【日足チャート】
日足20220820

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線3本となっております

1週間のレートでは下降となっております

やはり、戻しの展開になりましたね
前回のレポートで指摘しましたように
前週は上昇優勢でありましたが
上値抵抗線でピタッと止まっておりました
このラインを越えるまでは戻し狙いで軸を決めていたのですが
今週は想定通りの戻しの展開となっております

日足では
短期で見れば下降トレンド
中期で見ればレンジ

という展開になっております
今週は下降圧力優勢でクローズしておりますので
週明けはどこまで下降するのかを見ていきたいところです

下方向では
下値抵抗線1.0120をブレイクしましたので
次の目標値 0.9950ラインに注目しております
このラインは直近安値でもありますので
大変重要なラインとなってきます
ブレイクすると底無しとなりますので
どこまで下落するのかわかりませんが
一時的に下降に勢いが増す可能性がありますので注意場面となります

また、このラインからの小反発も狙い目として見ておきたいと思います

逆に上方向ですが
短期の上値抵抗線が1.0200付近に存在しております
そこまで分厚くないのですが、まずは注目したいと思います

このラインを越えると次の目標値を1.0350付近に注目しております
前回同様に
このラインをクリアできると
7月から発生している下降圧力の弱まりを読み取れる第一ゲートとして見ております
上昇の勢いに乗れると次の目標値を1.0610で見ております
しっかりとラインの攻防を確認してから上昇判断をするようにしましょう

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220820

(チャートをクリックすると拡大されます)




【日足チャート】
日足20220813

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線4本、陰線1本となっております

1週間のレートでは上昇となっております

久しぶりに上昇優勢の1週間となりました
これまでが下降優勢の展開でしたので
流れに変化発生かと思っているトレーダーが多いかと思いますが
焦りは禁物です

今週は上昇優勢でありながらも
私の指摘した上値抵抗線1.0350でピタッと止まっております

このラインが効いておりますので
まだ上昇転換への判断は時期尚早と言えます

結果的にこの先に上昇するかもしれませんが
少なくとも現状の上値抵抗線のクリアを確認する必要があるでしょう

現に週末金曜日は上値抵抗線からの戻し展開となっております

来週のポイントとして
上方向は上値抵抗線 1.0350付近に注目しております
このラインをクリアできると
7月から発生している下降圧力の弱まりを読み取れる第一ゲートとして見ております
上昇の勢いに乗れると次の目標値を1.0610で見ております
しっかりとラインの攻防を確認してから上昇判断をするようにしましょう


逆に下方向ですが
今週は特に有効な短期下値抵抗線の存在が見えていませんので
先週のラインを意識したいと思いますので
下値抵抗線1.0120付近を最初のポイントとして見ております


このラインを割れると
1.0000ラインをレートに節目として見ておりますが
一度ブレイクしていますのでどこまで有効なのかは未知数です

ブレイクした場合は
直近安値 0.9950を重要視しております
このラインを割れると安値更新ではありますが
どこまで分厚いのかは定かではありません
ブレイクしてズルズル下降トレンドを維持する可能性も含めて
見ていきたいところです

以上を週明けのポイントとして見ております

方向を見極めて
流れの変化をいち早く察知するようにしましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220813

(チャートをクリックすると拡大されます)