fc2ブログ

2022年01月08日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20220108

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線3本となっております

1週間のレートではほぼ同値となっております

前半は下方向にアタックを仕掛けて
後半は戻しの作用が働いております

昨年から解説しておりますように
ユロドルは重要な下値抵抗線付近でレンジ展開となっております
この1週間のその範囲内の中でも更に狭い範囲でのレンジ展開となっておりますので
近々では狭いレンジの上限下限の攻防を見落とさないようにしたいと思います

上方向に関しては
以前から指摘しておりました
1.1360ラインが有効でして
今週もこのラインで何度か止まっております
更に週末のクローズ時もこの付近で止まっておりますので
今後の注目ラインとなります
このラインを越えると、1.1390付近に次の上値抵抗線が確認できておりますので
このラインに注目しております

このラインをも超えると11月後半から続いているレンジを上抜けする格好となりますので
上方向への更に伸びる期待が持てているかと思います

逆に言えば、1.1390ラインを越えるには強いエネルギーが必要という事ですので
LINE付近からの反落も十分あり得るでしょう


逆に下方向に関しては何層かありまして
今週は1.1270付近で何度か止まりましたので
このあたりを最初の下値抵抗線として意識しております

次の下値抵抗線を1.1220あたりで見ております
このラインを割れてくると直近安値1.11900付近に注目しております

更に、このラインを割れると今年最安値更新で底なし状態となりますので
注意が必要です
一気に1.1100付近まで下落する可能性もあります

週末の時点では短期上昇トレンドで終えていますので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきましょう


以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20220108

(チャートをクリックすると拡大されます)