FC2ブログ

今日のユーロドル分析10月9日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201501009

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは陽線を形成しました

日替わりの展開ですね

今週のローソク足を振り返ると陽線と陰線が交代で出ています

これまでの解説でも現状がレンジ相場と指摘しましたが
今週は典型的なレンジ展開になっています

昨日も予測通りの展開でして

注目したのが日足平均線でした

このラインは最初の下値抵抗線として意識しておりまして
このラインからの反発上昇も狙い目の1つでした

結果的に日足平均線で反発した状態です

また、反発した際の目標値として
日足+1σラインの決済ポイントを指摘しましたが
ほぼその通りになっていると思います

昨日は日足+1σラインを瞬間的に越える場面もありましたが
結局は戻されていますので上値抵抗の存在を読み取ることができます

今後の狙い目ですが引き続きレンジ展開を想定しております

現状では
上値抵抗線 日足+1σライン
下値抵抗線 日足平均線

が有効となっています

もうちょっと大きな波でみると
下値抵抗線は 1.0815で意識しております

上下抵抗線のどちらかをブレイクすると変化の発生を読み取れますが
特に上方向は抜けても瞬間的で戻される可能性がありますので
本格的に抜けるまで待つことも大事でしょう

それとエントリーと同時に損切り設定はお勧め致します

また日足平均線を割れると次の目標値は日足ー1σライン付近で見ています
現状では不安定ですので下方向のブレイクの際も
エントリー同時に損切り設定を入れるように心がけましょう


今はレンジですが、いつか必ずレンジブレイクが発生します
常にリスク管理は心がけましょう!

以上を大きな狙い目と考えております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20151009

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する