FC2ブログ

ユーロドル週間展望9月12日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20200912

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線3本、陰線2本となっております

前半は下降展開、中盤以降は上昇展開となっております

前回のレポートで想定した通りの流れとなっております
前週末は下方向に力が向いておりましたので
今週明けのポイントは下方向にアタックに注目しておりました

日足を見てもわかりますように
月曜日火曜日に陰線を形成しておりますので
その流れがわかります

ただ、下方向にアタックをしたい際は
下値抵抗線1.1760付近を最初のポイント値として注目していたのですが
水曜日のこのラインにタッチすると、流れが反転して上向きとなりました

この流れにを見る限りでは、指摘した下値抵抗線がまだ健在だという事がわかります

今週だけを見ますと、大きな流れは発生しておらずレンジ継続中となっておりますので
まだ方向が定まっていない形となっております

週末はレンジでクローズしましたので週明けの方向は定まっておりません

上方向に反応した際は
短期上値抵抗線1.1900に注目しております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ておりまして
次の目標値を1.1965あたりで見ております
但し、このラインは日足中期レンジの上限でもありますので
大変大事なラインとなります
このライン付近からの反落もあり得ますので攻防に注目しております

逆に下方向に反応した際ですが

下値抵抗線が1.1760付近に注目しております
今週はこのラインで小反発となりましたが

このラインをブレイクすると、短期で下降圧力が強まりやすくなりまして
次の目標値を1.1700で見ております

下降の勢いが強くこのラインをもブレイクするようであれば
下降トレンドを形成する見込みも出てくるかと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20200912

(チャートをクリックすると拡大されます)





この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する