FC2ブログ

ユーロドル週間展望1月9日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20210109

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線2本、陰線2本、同値線1本となっております

1週間では前半で上昇優勢、後半で下降優勢展開となっております

振り返りますと
12月は上昇トレンド継続の展開となりました
年が明けてからも年初は上昇トレンドが継続されておりましたが
今週後半は下降優勢の展開となっております

全体から見れば、大きな変化ではありませんが
もしかすると、ある程度下落する可能性もありますので
しっかりと判断したい場面ではあります

週末の2本の陰線により下降への変化があったというよりは
下値抵抗線でピタッと止まっている状況です

来週の展開でこのラインをブレイクすると
更なる下降が期待できると思っております

まず、最初の注目点は日足平均線です
週末はこのラインがサポートとして効いております
更に、レートの壁である1.2200ラインと重なっておりますので
近々の下値抵抗線として注目しております

このラインをブレイクすると短期下降圧力継続で見ておりまして
次の目標値を日足ー1σライン付近で見ております
このラインをもブレイクすると
比較的幅のある下落もあり得るので注目ポイントとして見ております


逆に上方向ですが今週の高値が直近高値となっておりますので
1.2350ラインに注目しております
このラインを越えると再度上昇圧力の再燃を期待できるポイント値として見ております

ただ、上昇に反応した際の新規ロングはタイミングが難しいかと思います

まずは下方向へのアタックの結果を見定めましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210109

(チャートをクリックすると拡大されます)








この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する