FC2ブログ

ユーロドル週間展望1月16日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20210116

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線1本、陰線3本、同値線1本となっております

1週間では下降優勢展開となっております

前回のレポートで指摘しましたように
前1週間ではやや下降の気配が出ておりました

しかし、その前の週までは息の長い上昇トレンドを形成しておりましたので
下降転換への変化を読み取りは慎重に行いたいところではありますが

前回のレポートで注目した下値抵抗線1.2200ラインをブレイクすることで
下降圧力の強まりにいち早く気が付くことが出来たと思います

週末の時点では日足で短期の下降トレンド形成中ですので
どこまで下降するのかを見ていきたいところではありますが
過度な下降期待は禁物でして、再上昇の判断基準も持っておきたいところです

最初の注目点は日足ー1σラインでして
このラインよりも下の範囲を継続している間は強い下降圧力継続中で見ております

近々の下値抵抗線として1.2000ラインに注目しております
このラインを割れるともう一段下落する期待が持てると思います

その場合に次の目標値を1.1900ライン付近で見ております

逆に上方向に反応した際ですが
最初の上値抵抗線を日足ー1σラインで見ております
このラインを越えると現在の下降圧力の弱まりを読み取れます

その次の目標値を1.2200付近で見ておりまして
このラインを越えると再上昇の気配を読み取れるポイント値として見ております

この場合は再度上方向にアタックを仕掛ける可能性が高くなりまして
直近高値 1.2350は重要ポイントとして見ております

ただし、このラインは分厚い上壁ですので
反落する可能性も選択肢に入れておきたいと思います


まずは下方向へのアタックの結果を見定めましょう

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております



★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210116

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する