FC2ブログ

ユーロドル週間展望7月17日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20210717

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線1本、陰線3本、同値線1本となっております

1週間のレートでは下降となっております

前回のレポートで解説しましたが
前1週間は中盤までは下方向にアタックを仕掛けましたが
後半に小反発展開となっておりました

週初めのポイントとして
上方向への小反発がどこまで継続できるかでした

レポートでは最初の上値抵抗線として1.1890を指摘しましたが
月曜日はこのライン付近で揉みあったものの
結局、力を失い下降への流れを変えております

火曜日も下降圧力継続で下方向にアタックを仕掛けたのですが
指摘した下値抵抗線1.1800をわずかに割れるものの
長続きせずに下降圧力も弱まっております

週末の状態としては、
方向付かずのレンジ展開となっておりますが

位置は下値抵抗線に近いところでクローズをしておりますので
まずは下方向に注目しております

引き続き1.1800付近を基準線として意識しております
このラインを割れると下降圧力優勢ではありますが
ここ2週間は割れても戻されておりますので
比較的厚い下壁として意識しておりますので注意が必要です
割れた場合は
次のポイントとして1.1770付近に注目しております
このあたりまでは下降しやすいのですが
割れても反発する可能性もありますので注意が必要です

下降の勢いに乗れた場合は1.1700あたりを目標値として意識しております

逆に上方向に反応した際ですが
最初の上値抵抗線を1.1850付近で見ております
このラインは短期のラインですので、そこまでは分厚くないと思います

このラインを越えると最近の高値になっている1.1890付近に注目しております

このラインを越えると上昇圧力の強まりが読み取れまして
次の目標値を1.1980付近で見ております

中期で下降トレンド中ですので
上方向は何重もの抵抗線の存在がありますので
1つずつチェックしていきたいと思います

以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210717

(チャートをクリックすると拡大されます)
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する