FC2ブログ

ユーロドル週間展望8月21日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
【日足チャート】
日足20210821

(チャートをクリックすると拡大されます)
週末金曜日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1週間を振り返りますと

陽線1本、陰線3本、同値線1本となっております

1週間のレートでは下降となっております

ユロドル日足では中期の下降トレンドを形成しておりますので
トレンドに沿った展開となっております
ただ、レートが今年最安値を更新しておりますので
安値圏内での展開であることを念頭に置いておく必要があるでしょう

つまり、下降トレンド中であっても追い込みショートには注意が必要だという事です

ユロドルは2020年5月あたりから割と高いレート圏内でレンジ展開となっております
今はそのレンジの下限近くでの値動きをしている状況です

ブレイクすると大きな変化が発生する可能性もありますが
まだ、その判断には時期尚早ですので
まずは下限付近からは反発狙い
または、ある程度上昇してからも戻し売り
を軸に組み立てていきたいと思います

大きな下壁は1.1600あたりでして、この壁をブレイクすると
大きな変化に繋がる可能性がありますので注視しております

上昇の目安ですが
1.1800を超えると比較的大きな変化になるのですが
その手前に小さな上壁の存在があります

まずは1.1700あたりに注目しておりまして
ここは短期の上値抵抗線です

その次は1.1750ライン当たりに注目しております
このラインを越えてくると1時間足レベルで下降トレンドからの抜け出しを読み取れる判断材料として見ております

その次が1.1800ラインになってきますので
小さい壁のクリアを確認しながら方向を見定めていきたいと思います

冒頭で申し上げましたように
大事な下壁付近からのスタートとなります
レート的に落ち着く場所ではありませんので
動き始めに注目しましょう



以上を先1週間の上下のポイントとして見ております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20210821

(チャートをクリックすると拡大されます)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する